EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 軽種馬登録ニュース > 2012年の種付け状況
軽種馬登録ニュース
2012年10月30日

2012年の種付け状況


10月31日現在の2012年種付頭数がまとまりました。種雄馬が236頭、種付種雌馬が9,345頭です。

 

種雄馬について

種雄馬は昨年より19頭減となり、2000年以降初めて250頭を割り込みました。

2012年種付種雄馬頭数の推移

 

2012年に最多の種付を行った種雄馬は、キングカメハメハで種付頭数は251頭です。

以下、ディープインパクトが246頭、ダイワメジャー244頭と続きます。

 

2012年100頭以上種付けした種雄馬

 

種雄馬の父馬別の頭数で一番多いのがサンデーサイレンスを父に持つ種雄馬53頭で種付種雄馬全体の約22%を占めます。

祖父にサンデーサイレンスを持つ種雄馬は18頭、父又は祖父にサンデーサイレンスを持つ種付種雄馬の合計頭数は71頭で、

種付種雄馬全体の約30%を占めます。

また、それらの種付種雄馬が種付した頭数の割合は約40%になります。

 

種雌馬について

 種付種雌馬は昨年より61頭減となりました。

2012年の種付け頭数から2013年の生産頭数を推計すると6,800頭前後となり、今年に引き続いて7,000頭を割り込むと予測されます。

 

2012年種付種雌馬の頭数と生産頭数の推移

 

 本年より初めて種付けした種雌馬の頭数は1,075頭で、種付種雌馬頭数の約12%となります。

 

2012年種付種雌馬の生年別頭数

 

種付種雌馬の年齢別に見ると、2歳から25歳までと幅広い世代で種付けされていますが、6歳から11歳が種付種雌馬全体の約53%を占めます。

特に、6歳から8歳までは種付種雌馬全体の約28%を占めます。

 

 

なお、地区別の詳しい頭数は、統計データベース→サラブレッドの生産頭数等各種統計からご覧ください。 

 

>> TOPに戻る 


上に戻る