EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 軽種馬登録ニュース > 2012年供用予定種雄馬地区別・品種別頭数及び初供用予定種雄馬がまとまりました
軽種馬登録ニュース
2012年04月17日

2012年供用予定種雄馬地区別・品種別頭数及び初供用予定種雄馬がまとまりました


2012年の供用予定種雄馬の頭数がまとまりました。供用予定種雄馬の頭数は283頭で昨年の予定頭数より30頭の減少となりました。

地域別に見ると日高地区が192頭と全国の67.8%を占めています。

 

詳しくは、統計データベースのサラブレッドのサラブレッドの生産頭数等各種統計の「供用予定種雄馬地区別・品種別頭数」をご覧ください。

 

初供用予定種雄馬はサラブレッドが22頭でアラブが1頭の合計23頭です。

このうち、サンデーサイレンス産駒のアグネスタキオンを父に持つ種雄馬が3頭、同じくステイゴールド2頭、ネオユニヴァース2頭、フジキセキ1頭となり初供用予定種雄馬の34.7%を占めます。

また輸入馬で直接繁殖登録された種雄馬はワークフォースとベーカバドの2頭です。

 

詳しくは、統計データベースのサラブレッドの生産頭数等各種統計の「初供用予定種雄馬一覧」をご覧ください。

 

2012年種雄馬頭数の地域別頭数及び割合


上に戻る