EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > フランス政府委託の報告書、競馬・賭事の改革を要求(フランス)【開催・運営】
海外競馬情報
2018年11月21日  - No.11 - 1

フランス政府委託の報告書、競馬・賭事の改革を要求(フランス)【開催・運営】


 フランスにおいて、競馬その他の馬産業の財政・組織に関する報告書が作成された。この多岐に及ぶ報告書は、"馬産業が将来健全であるためには構造改革が不可欠だ"と締め括っている。

 フランス選出の欧州議会議員であるジャン・アルテュイ(Jean Arthuis)氏は、エドゥアール・フィリップ首相から委託を受け、競馬界の最適な財政確保策についての研究を6ヵ月にわたり実施した。

 フランスの競馬賭事部門は停滞し続けている。また欧州裁判所は、競走馬は農産物に適用される付加価値税の軽減税率の対象とはならないと裁定した。報告書はこのような現状を踏まえて作成されたものである。

 アルテュイ氏は元経済・財政・計画大臣であり、現在は欧州議会の予算委員会の委員長を務める。フランス各地を視察し、競馬・馬スポーツ・レジャー部門・農業部門の専門家200人以上と会った。

 117日、完成した141ページの報告書がフィリップ首相に提出された。アルテュイ氏はその中で22の詳細な提案を行っている。

 競馬界全般の利益のために長く模索されてきた解決策には、若馬の生産・販売には農産物に対する軽減税率10%が適用されるべきだとする、歓迎されるべき提案が含まれる。

 アルテュイ氏は、欧州委員会の反発を買わずに国内レベルで、この軽減税率適用は実行できると主張する。さらに、2020年までに競馬・競走馬販売の付加価値税を以前のように軽減するために欧州委員会を説得するには、多岐にわたる提案を検討しなければならないと注意喚起した。

 同氏は、政府がPMU(フランス場外馬券発売公社)への課税を引き下げる可能性についても示唆した。これは、以前の賭事独占業者PMUがフランス競馬界への財政的義務を果たしながらも、控除率を下げて賭事客へより多く払い戻せるようにするための措置である。

改革に対する切なる思い

 マクロン政権がこの"アルテュイ報告書"の方針を採用すれば、PMU・フランスギャロ(France Galop)・フランス速歩競走協会(SECF)の今後の競馬界における役割は異なるものとなりそうなので(いくつかの状況ではその役割は減少する)、相当な犠牲を強いることになるだろう。

 アルテュイ氏は、フランス国民と競馬・賭事との関係をシンプルなものとし、競馬への興味を高めることを目的とした多くの措置が必要であると確信している。また、競馬界は公約している改革を先送りせずに達成すべきであると考えている。

 同氏はこう語った。「国は30年間、競馬界の改革を実行するという公約と引き換えに、競馬産業の財政的負担を低く抑え続けようとしてきました。しかし、改革は一度も行われませんでした。同時に、とりわけパリ地域の競馬場に足を運ぶ観客は目に見えて減っていきました。一方、調教師は地方へ去っています。しかし、シャンティイ・メゾンラフィット・グロボワ(速歩)の大きな調教センターはそのままです。このような状況は長続きしないでしょう」。

 報告書に記された競馬運営を改革するための重要な提案には以下が含まれる。

・ 競馬開催日程・賞金額・ルールを決定する権限を、フランスギャロやフランス速歩競走協会から競馬全国連盟(Federation Nationale des Courses Hippiques)に移譲する。これにより、平地・速歩の2部門の業務の重複を削減できるだろう。

PMUは次のような改革を実行する。① 競馬を対象に提供されているさまざまな賭事(馬券)の簡素化。オンラインスポーツ・ポーカー市場からの撤退。② PMUを、国がその株の過半数を保有する営利会社に転換。③ 2015年に競争監視局が決定した"店舗・オンラインの賭事プールの分離化"を覆す条件を政府が詳しく調査。

・ 今後5年以内に改革を断行するために、政府の部局を統合して独立した監視委員会を設置する。

 フランス各地で競馬界および馬産業の人々と話し合った中で延々と苦情を聞かされたか尋ねられ、アルテュイ氏は真の意味での共感があったと述べた。そしてこう語った。

 「何度も繰り返して同じことを聞かされました。彼らは改革に対して深い懸念を持っていると同時に、その実現を切望しています。私たちは競馬運営の機能と、賭事運営主体を切り離さなければなりません。PMUの帝国主義のために、観客やファンが競馬から遠のいています」。

 フランスギャロとPMUは今後数日・数週間内に、このアルテュイ氏の報告書への最初の対応の概略を示す予定である。


By Scott Burton


Racing Post 2018118日「Government-sponsored report calls for reform of France Galop and PMU」]


上に戻る