EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 2017年ダーレーの種付料(欧州)【生産】
海外競馬情報
2016年11月29日  - No.11 - 3

2017年ダーレーの種付料(欧州)【生産】


 ダーレーの看板種牡馬ドバウィ(Dubawi 父ドバイミレニアム)は2017年、ダーラムホールスタッド(Dalham Hall Stud ニューマーケット)において種付料25万ポンド(約3,375万円)で供用される。ドバウィ(14歳)の今年の種付料は22万5,000ポンド(約3,038万円)だった。

 タタソールズ社10月1歳セール・ブック1(Tattersalls October Yearling Sale-Book1)において、高額馬上位5頭のうち3頭がドバウィ産駒であり、牡駒2頭は最高価格の260万ギニー(約3億6,855万円)で落札された。

 ドバウィは今年、G1優勝牝馬のウハイダ(Wuheida)とジャーニー(Journey)、カナディアンインターナショナル(G1)優勝馬イラプト(Erupt)を送り出した。

 同じくダーラムホールスタッドで供用されているニューアプローチ(New Approach 父ガリレオ)の2017年種付料は、今年の半額の3万ポンド(約405万円)となる。

 ニューアプローチはこれまで、初年度産駒のドーンアプローチ(Dawn Approach)など3頭のロイヤルアスコット開催優勝馬を出しており、2013年は5万ポンド(約675万円)、2014年と2015年は8万ポンド(約1,080万円)で供用されていた。

 ダーラムホールスタッドの2017年の新種牡馬は、G1優勝マイル馬テリトリーズ(Territories)と2014年ミドルパークS(G1)優勝馬チャーミングソート(Charming Thought)であり、それぞれ1万2,000ポンド(約162万円)と8,000ポンド(約108万円)で供用される。

 また同スタッドでは、リブチェスター(Ribchester)の父イフラージ(Iffraaj)の種付料が2万2,500ポンド(約304万円)から2万7,500ポンド(約371万円)に引き上げられ、ゴールデーンホーン(Golden Horn)は今年と同じ6万ポンド(約810万円)で供用される。

 サンダースノー(Thunder Snow)は10月30日、フレッシュマンサイアーである父ヘルメット(Helmet)に最初のG1優勝をもたらし、ヘルメットの種付料は今年の8,000ポンド(約108万円)から来年1万ポンド(約135万円)に引き上げられる。同じくフレッシュマンサイアーのセポイ(Sepoy)の種付料は今年と同じ1万5,000ポンド(約203万円)とされた。

 キルダンガンスタッド(Kildangan Stud)の代表種牡馬シャマルダル(Shamardal)の種付料は2年連続でプライベート価格のため、金額は開示されていない。

 英2000ギニー優勝馬ナイトオブサンダー(Night Of Thunder 父ドバウィ)は来年、供用2年目となるが、その種付料は今年の3万ユーロ(約345万円)から2万5,000ユーロ(約288万円)に引き下げられる。

 キルダンガンスタッドは、G1を2勝したベラード(Belardo)と今年のミドルパークS優勝馬ザラストライオン(The Last Lion)を新種牡馬として迎え、それぞれ1万5,000ユーロ(約173万円)と1万2,000ユーロ(約138万円)で供用する。

 同スタッドは愛1000ギニー(G1)優勝馬ジェットセッティング(Jet Setting)の父ファストカンパニー(Fast Company)も新たに迎え、7,000ユーロ(約81万円)で供用する。

 また、エクシードアンドエクセル(Exceed And Excel)の種付料は4万ユーロ(約460万円)から5万ユーロ(約575万円)に引き上げられる一方、テオフィロ(Teofilo)の種付料は今年の5万ユーロ(約575万円)から4万ユーロ(約460万円)に引き下げられる。

 ダーレーはダーレークラブの新種牡馬として、ボウクリーク(Bow Creek)、ブラティノ(Buratino)、トゥールモア(Toormore)の3頭を迎える。トゥールモアとブラティノは5,000ユーロ(約58万円)、ボウクリークは4,000ユーロ(約46万円)で供用する。

 フランスのロジス牧場(Haras du Logis)では、オーソライズド(Authorized)とマンデュロ(Manduro)が、それぞれ今年と同じ1万ユーロ(約115万円)と7000ユーロ(約81万円)で供用される。

 豪州のG1馬エクソスフェア(Exosphere)はロジス牧場にシャトルされ、6,000ユーロ(約69万円)で供用される。

2016-news-11-3.jpg

By Zoe Vicarage

(1ポンド=約135円、1ユーロ=約115円)

[Racing Post 2016年10月31日「Dubawi to stand at career high of £250,000」]


上に戻る