EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > PMU(フランス場外馬券発売公社)、場内で馬券発売開始(フランス)【開催・運営】
海外競馬情報
2015年10月20日  - No.10 - 5

PMU(フランス場外馬券発売公社)、場内で馬券発売開始(フランス)【開催・運営】


 PMU(フランス場外馬券発売公社)は、PMH(フランス場内馬券発売公社)の解散を受け、9月16日にパリ地域の競馬場(オートゥイユ・アンギャン・ヴァンセンヌ・サンクルー・メゾンラフィット・シャンティイ・ロンシャン)において、馬券発売と接客を開始した。私たちは競馬界の小さな革命を目にすることとなる。

 競馬ファンはPMUとPMHは同じ経営方針を持ち、最後の異なる1文字で2社は区別されているだけだと考えていただろう。しかし、最近オートゥイユ競馬場(9月16日)、ヴァンセンヌ競馬場(9月17日・18日)、サンクルー競馬場(9月17日)を訪れた競馬ファンは、馬券の発売方法がガラリと変わったことに、瞬時に気付かされた。年末にかけてPMU店舗3000店で開始されつつある"顧客セグメンテーション戦略"を、PMUはパリ地域の競馬場にも適用する。ビギナーは"ハッピーPMU(Happy PMU)"、熟練した賭事客は"エスパス・パリ・プリュス(Espace Pari+)"と名付けられたスペースを利用できる。その上、静かに馬券を購入したいと望む顧客のために、特別スペース"エスパスVIP(Espace VIP)"が設けられる。このプロジェクトに深く関わったPMUのアラン・レプランディ-ベルナール(Alain Resplandy-Bernard)副社長は、9月18日夜にヴァンセンヌ競馬場を視察し、次のように述べた。「素晴らしい冒険の始まりです。顧客のニーズごとに異なる賭事メニューを提供し、競馬統括機関とともに新しい賭事を開始することを目標としています。リニューアルされたスペースにおいて、顧客にこれまで以上の情報を提供するよう努めます。大勢の入場者が見込まれるヴァンセンヌ競馬場の日曜開催は、大きな挑戦となるでしょう。期待通りの結果がもたらされるよう、全力で取り組みます。顧客の意見を聞き、できる限り多くの要求に対応することも目標としています」。

どのように機能するか?

 元PMH職員は今後、PMUの"緑の勝負服"を身に着けて接客し、遊び感覚で賭事を楽しめるコンピュータ"イピGo(hipiGo)"で、ビギナーに馬券を提案する。案内と払戻しを行うカウンターも開設される。競馬場に足繁く通う常連ファンには、"エスパス・パリ・プリュス"が適しているだろう。端末機での馬券購入に慣れているファンと、端末機を使う気のないファンとでは、反応が異なる。今後数ヵ月間で、競馬場に頻繁に通う顧客層には、変化が現れるかもしれない。9月18日夜にヴァンセンヌ競馬場では、この顧客層別の賭事メニューが正式に発表されたが、稼働していない端末機もあり、とりわけレストランフロアに生じた技術的不安を一時的に解消するために、カウンターが追加開設される様子が見られた。"顧客セグメンテーション戦略"の実施は、運営者にとっても新しいものであり、事実、競馬場の戦略的スペースに端末機は十分に配置されていなかったようだ。9月22日からタブレットで直接、馬券を購入できるようになることは、重要な補強となる(このサービスはこの夏ノルマンディー地域で開始されている)。確かなことは、PMUとヴァンセンヌ競馬場にとって日曜開催が試金石となることだ。その日は"ポルトガルデー"であり、昨年は8,500人以上が来場した。

リニューアルの長所と短所

≪長所≫

+ 今後、競馬場が開門していれば、競馬ファンは他場で施行中のプレミアム開催の馬券も買うことができる(訳注:これまでは、競馬場が開門していても馬券発売開始はその競馬場の第1競走の30分前であった)。

+ 競馬場に設置される端末機の最低馬券発売単位は、以前PMHが適用していた2ユーロ(約270円)から、PMU店舗で適用されている1.5ユーロ(約203円)に引き下げられる。

+ 端末機で馬券を購入する際の支払い方法が多様化する。今後は、カルトブルー(Carte Bleue デビットカード)、PMUカード、現金などが利用可能である。

≪短所≫

‐今後、一律の研修を受けた商業的なカウンセラーが馬券発売を担当する。PMH職員と顧客の間で長年築かれていた人間関係や信頼関係も、彼らが請け負うことになる。

‐馬券購入に時間が掛かる。端末機に入力して馬券を購入することは、以前の口頭での購入に比べ迅速性に欠け、締切間際の投票の妨げとなる(訳注:端末機は、記入済マークシートを挿入するものではなく、直接画面上で馬を選択するタイプ)。

‐以前のように競馬場の全てのスペースが開放されている訳ではない。端末機は入場者数次第で稼働する。観衆の中で多くの顧客層が入り混じることを防ぎ、最終的には人手を減らすことを目標としている。



新しい馬券発売方法を紹介するビデオ(フランス語)

https://www.youtube.com/watch?v=4n4YNdEjL5o

By Sylvain Copier

(1ユーロ=約135円)

[Paris Turf 2015年9月20日「Le PMU étend son champ d'activités」]


上に戻る