EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > リダウツチョイス、3度目のリーディングサイアーに輝く(オーストラリア)【生産】
海外競馬情報
2014年09月20日  - No.9 - 5

リダウツチョイス、3度目のリーディングサイアーに輝く(オーストラリア)【生産】


 7月31日に2013-2014年南半球競馬シーズンが終了したとき、卓越した種牡馬リダウツチョイス(Redoute’s Choice)は産駒の獲得賞金額により3度目のリーディングサイアーとなった。

 同じアローフィールドスタッド(Arrowfield Stud)に繋養されているリダウツチョイス産駒スニッツェル(Snitzel)が2位となったことで、同スタッドにはもう1つの栄誉が与えられた。父子がサイアーズランキングの1位と2位を独占したのは、1884年のオーストラリア・ジェネラルサイアーズリスト導入以来、初めてのことである。

 この1年間において豪州で最も素晴らしい成績を収めたリダウツチョイス産駒はランカンルピー(Lankan Rupee)であり、印象的なG1競走3勝(オークレイプレート、ニューマーケットH、TJスミスS)を達成したことで、今年最高のスプリンターとされている。

 スニッツェルは、G1を制した産駒シェイマスアウォード(Shamus Award)とスニッツァーランド(Snitzerland)のおかげで、このシーズンに頭角を現した。

 アローフィールドスタッドのジョン・メッサーラ(John Messara)会長は次のように語った。「一番大変な戦いに勝つ時はいつも一番胸が躍るものです。近年生産界での競合が激しい中で、今回1位と2位を独占できたことは、私と家族、それにチームにとって大きな励みになります」。

 「リダウツチョイスとスニッツェルは、並外れた成績を収めており、アローフィールドスタッドは繋養しているすべての種牡馬でこのレベルを目指しています。現在の繋養種牡馬はこれまで生産者に紹介してきたものの中でも最高のグループであると信じているので、将来に向け自信があります。短い期間でも首位に立つことは素晴らしいことですが、来シーズンの戦いはもう始まっています」。

 リダウツチョイスは過去2シーズン、アガ・カーン(Aga Khan)殿下のボンヌヴァル牧場(Haras de Bonneval フランス・ノルマンディー)にシャトルされ、欧州の最高級の繁殖牝馬数頭に種付けした。

 リダウツチョイスの父デインヒル(Danehill)は、オーストラリアで長年種牡馬に支配的影響を与えており、3位と4位も同馬の産駒が占めている。

 オーストラリアの前回のチャンピオン種牡馬エクシードアンドエクセル(Exceed And Excel)は、ニューマーケットのダーラムホールスタッド(Dalham Hall Stud)からシャトルされているが、フライトS(G1)と豪1000ギニー(G1)を制したゲルフ(Guelph)とブルーダイアモンドS(G1)勝馬アースクウェイク(Earthquake)を送り出す実りあるシーズンを再び過ごし、3位となった。

 クールモア牧場のアイルランド(ティペラリー州)とオーストラリア(ニューサウスウェールズ州)の拠点で供用されているファストネットロック(Fastnet Rock)は、このランキングの4位となった。この2011−2012年のオーストラリアのリーディングサイアーは今シーズン2頭のG1馬を出して、この地位を獲得した。それはメムジーS(G1)およびコーフィールドS(G1)を優勝したスター牝馬アトランティックジュエル(Atlantic Jewel)と、スポーティングベットクラシック(G1 旧名:スウェッタムスタッドS、後にロバートサングスターSに改称)を優勝したドリエフォンテイン(Driefontein)である。

 アイリッシュナショナルスタッドの看板種牡馬であるインヴィンシブルスピリット(Invincible Spirit)の産駒アイアムインヴィンシブル(I Am Invincible)は15頭の勝馬を出したことで、オーストラリアのファーストクロップサイアーズランキングでダントツの首位となった。勝馬頭数は2位デンマン(Denman)の2倍以上であり、産駒獲得賞金はほぼ2倍である。

 オライリー(O’Reilly)は4度目のニュージーランド・リーディングサイアーに輝いた。同馬の2013−2014年度の活躍産駒は最優秀2歳牝馬のオマリリン(O’Marilyn)である。
 

2013-14年豪州サイアーズランキング(産駒獲得賞金順)
順位 種牡馬名 勝馬
頭数
出走
頭数
勝馬率
(%)
ステークス
勝馬頭数
獲得賞金
1 リダウツチョイス デインヒル 96 217 44 10 10,290,633豪$
(9億7,761万円)
2 スニッツェル リダウツチョイス 83 173 48 13 9,868,185豪$
(9億3,748万円)
3 エクシードアンドエクセル デインヒル 126 237 53 13 9,485,316豪$
(9億111万円)
4 ファストネットロック デインヒル 151 340 45 13 9,440,061豪$
(8億9,681万円)
5 モスマン
(Mossman)
サクセスエクスプレス
(Success Express)
85 176 49 8 8,493,196豪$
(8億685万円)
6 ロンロ
(Lonhro)
オクタゴナル
(Octagonal)
160 341 47 6 8,318,095豪$
(7億9,022万円)
7 コマンズ
(Commands)
デインヒル 113 252 45 12 8,077,313豪$
(7億6,734万円)
8 ショワジール
(Choisir)
デインヒルダンサー
(Danehill Dancer)
147 301 49 10 7,476,220豪$
(7億1,024万円)
9 オライリー ラストタイクーン
(Last Tycoon)
62 126 49 6 7,346,846豪$
(6億9,795万円)
10 エンコスタデラゴ
(Encosta De Lago)
フェアリーキング
(Fairy King)
116 243 48 9 7,050,110豪$
(6億6,976万円)

 

2013-14年豪州ファーストクロップサイアーズランキング(産駒獲得賞金順)
順位 種牡馬名 勝馬
頭数
出走
頭数
勝馬率
(%)
ステークス
勝馬頭数
獲得賞金
1 アイアムインヴィシブル インヴィシブルスピリット 15 45 33 3 1,161,630豪$
(1億1,035万円)
2 デンマン ロンロ 6 24 25 3 581,625豪$
(5,525万円)
3 デュポース
(Duporth)
レッドランサム
(Red Ransom)
5 27 19 0 521,165豪$
(4,951万円)
4 ユニヴァーサルルーラー
(Univeral Ruler)
シーニック
(Scenic)
4 13 31 0 454,470豪$
(4,317万円)
5 オールアメリカン
(All American)
レッドランサム 7 29 24 1 436,920豪$
(4,151万円)

 

2013-14年ニュージーランド・サイアーズランキング(産駒獲得賞金順)
順位 種牡馬名 勝馬
頭数
出走
頭数
勝馬率
(%)
ステークス
勝馬頭数
獲得賞金
1 オライリー ラストタイクーン 54 137 39 9 2,159,563NZ$
(1億9,436万円)
2 ダーシブラーマ
(Darci Brahma)
デインヒル 45 94 48 5 1,563,109 NZ$
(1億4,068万円)
3 サヴァビール
(Savabeel)
ザビール
(Zabeel)
40 94 43 7 1,379,219NZ$
(1億2,413万円)
4 ピンズ
(Pins)
スニペッツ
(Snippets)
50 88 57 5 1,306,984NZ$
(1億1,763万円)
5 イルーシヴシティ
(Elusive City)
イルーシヴクオリティ
(Elusive Quality)
22 60 37 4 1,182,051 NZ$
(1億47万円)
6 バチェラーデューク
(Bachelor Duke)
ミスワキ
(Miswaki)
37 106 35 3 1,176,860NZ$
(1億638万円)
7 キーパー
(Keeper)
デインヒル 60 145 41 3 1,088,052NZ$
(9,792万円)
8 エンコスタデラゴ フェアリーキング 11 19 58 2 992,996NZ$
(8,934万円)
9 フォルクスラート
(Volkeraad)
グリーンデザート
(Green Desert)
39 82 48 4 883,833NZ$
(7,954万円)
10 ファストネットロック デインヒル 18 29 62 4 809,010NZ$
(7,281万円)


By Martine Stevens
(1豪ドル=約95円、1NZドル=約90円)

(関連記事)海外競馬情報 2013年No.9「豪州リーディングサイアーランキングにデインヒル系の強い影響(オーストラリア)

[Racing Post 2014年8月2日「Redoute’s Choice leading Australian sire for third time」]


上に戻る