EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ワールドサラブレッドランキング、欧州産馬が躍進(欧州)【生産】
海外競馬情報
2012年02月20日  - No.2 - 3

ワールドサラブレッドランキング、欧州産馬が躍進(欧州)【生産】


 ワールドサラブレッドランキング(WTR)において英国産馬がトップに立つことが長年待たれていたが、ついに2年連続で英国産馬がトップになった。2004年に各国の上席ハンデキャッパーの合議によりランキングを決定し始めてから、ハービンジャー(Harbinger)が英国産馬で初のランキングトップに立ち、その1年後にフランケル(Frankel)が続いた。ジャドモントファーム(Juddmonte Farm)の生産馬フランケルには136のレーティングが与えられ、2位の豪州産スプリンターのブラックキャビア(Black Caviar)に4ポンドの差をつけた。

 英国とアイルランドの生産者は、両国の生産馬がWTRランキングの上位10頭のうち5頭が占めたことで大いに元気づいた。フランケル以外では、レーティング127のキャンフォードクリフス(Canford Cliffs)とリワイルディング(Rewilding)、126のエクセレブレーション(Excelebration)とナサニエル(Nathaniel)がトップ10入りを果たした。フランス産馬シリュスデゼーグル(Cirrus Des Aigles)とドイツ産馬デインドリーム(Danedream)が3位の128を獲得し、WTRのトップ10は圧倒的に欧州産馬が占めた。

 欧州の生産者の成功は、米国の生産者を犠牲にして成り立っている。わずか4年前の2008年のWTRにおいては、同レーティングで1位となった2頭のうち1頭がカーリン(Curlin)、3位がレイヴンズパス(Raven’s Pass)で、両馬はいずれも米国産馬であった。今年はドリームアヘッド(Dream Ahead)が126で7位となり、トップ10入りした唯一の米国産馬であった。しかしドリームアヘッドでさえも英国で調教されており、ヘイドック競馬場でのスプリントカップ(G1)勝馬ディクタット(Diktat)を父とし、ドンカスター競馬場でのフライングチルダーズS(G2)勝馬ランドオブドリームス(Land Of Dreams 父Cadeaux Genereux)を母としていることから、欧州生産界にとって素晴らしい宣伝となる。高レーティングのついた“真の”米国産馬はBCクラシック(G1)を制したドロッセルマイヤー(Drosselmeyer)であるが、そのレーティングは124でトップ10入りは果たせなかった。

 米国産馬は、各国のハンデキャッパーが115以上のレーティングをつけた351頭の競走馬の30%弱を占めた。それに対し、豪州産馬は15%、アイルランド産馬は15%弱、英国産馬は14%弱であった。

 しかし、平均レーティングは英国産馬が118.3、フランス産馬が118.1、そしてアイルランド産馬が118となっているのに対し、米国産馬は117.5、豪州産馬は116.8であり、WTRの上位馬は欧州馬が圧倒的であることがわかる。また日本産馬もかなり健闘しており、スーパースターのオルフェーヴルとヴィクトワールピサが日本産馬の平均レーティングを118.1まで引き上げるのに貢献した。

 2011年に優秀馬を送り出した種牡馬も、英国内の生産者たちをより一層元気づけている。レーティング115以上の産駒を4頭以上出した12頭の種牡馬のうち、8頭が2012年に英国もしくはアイルランドで供用される。

 2011年がフランケルの父ガリレオ(Galileo)にとって特別の年であったことは、WTRにレーティング115以上の3歳以上産駒を14頭出した事実により明らかである。WTRに5頭以上の産駒を出した種牡馬は他に5頭おり、種牡馬生活を引退したキングマンボ(Kingmambo)を除けば、英国またはアイルランドで供用されている。ドバウィ(Dubawi)は8頭、モンジュー(Montjeu)は7頭、ダンシリ(Dansili)は6頭、ハイシャパラル(High Chaparral)は5頭をランク入りさせた。

 4頭の産駒をWTR入りさせた6頭の種牡馬のうち、ダラカニ(Dalakhani)、ファストネットロック(Fastnet Rock)およびオアシスドリーム(Oasis Dream)の3頭は英国産馬であった。その他は日本のジャングルポケットとキングカメハメハ、種牡馬生活を引退したマルジュー(Marju)であった。米国の種牡馬はランキングに4頭以上の産駒を送り出していない。ドロッセルマイヤーが米国産馬中で最高レーティングで、父は米国を拠点とするディストーテッドヒューモア(Distorted Humor)である。

  

2011年ワールドサラブレッドランキング(WTR)上位10頭
レーティング 馬名 生産国 父馬 母馬 母父
136 フランケル
生産者:ジャドモントファーム
ガリレオ
(Galileo)
カインド
(Kind)
デインヒル
(Danehill)
132 ブラックキャビア
生産者:リック・ジェイミーソン氏
ベルエスプリ
(Bel Esprit)
ヘルシンジュ
(Helsinge)
デザートサン
(Desert Sun)
128 シリュスデゼーグル
生産者:Y・ルリムザン氏&B・デシャン氏
イーブントップ
(Even Top)
タイユドゲップ
(Taille De Guepe)
セッティエームシェル
(Septieme Ciel)
128 デインドリーム
生産者:  ブラマーホフ牧場
ロミタス
(Lomitas)
デインドロップ
(Danedrop)
デインヒル
(Danehill)
127 キャンフォードクリフス
生産者:シモン・ハバード・ロッドウェル
タグラ
(Tagula)
ミシーズマーシュ
(Mrs Marsh)
マルジュー
(Marju)
127 リワイルディング
生産者:ウォーターシップダウン牧場
タイガーヒル
(Tiger Hill)
ダララ
(Darara)
トップヴィル
(Top Ville)
126 ドリームアヘッド
生産者:ダーレー牧場
ディクタット
(Diktat)
ランドオブドリームス
(Land Of Dreams)
カドージェネルー
(Cadeaux Genereux)
126 エクセレブレーション
生産者:オーウェンズタウン牧場
エクシードアンドエクセル
(Exceed And Excel)
サンシャワー
(Sun Shower)
インディアンリッジ
(Indian Ridge)
126 ナサニエル
生産者:キンコースインヴェストメント
ガリレオ
(Galileo)
マグニフィセントスタイル
(Magnificent Style)
シルヴァーホーク
(Silver Hawk)
126 ソーユーシンク
生産者:マイク・モラン&パイパー牧場
NZ ハイシャパラル
(High Chaparral)
トライアシック
(Triassic)
タイツ
(Tights) 

 

4頭以上の産駒が2011年WTR入りした種牡馬
種牡馬名 父馬 生産者・生産国 レーティング
115以上の産駒
最高レーティング馬
ガリレオ
(Galileo)
サドラーズウェルズ
(Sadler’s Wells)
クールモア牧場
(Coolmore 愛)
14頭 フランケル
(Frankel)
ドバウィ
(Dubawi)
ドバイミレニアム
(Dubai Millennium)
ダルハム・ホール
(Dalham Hall 英)
8頭 モンテロッソ
(Monterosso)
モンジュー
(Montjeu)
サドラーズウェルズ
(Sadler’s Wells)
クールモア牧場
(Coolmore 愛)
7頭 セントニコラスアビー
(St Nicholas Abbey)
ダンジリ
(Dansili)
デインヒル
(Danehill)
バンステッドマナースタッド
(Banstead Manor 英)
6頭 ベイテッドブレス(Bated Breath)
ゾファニー(Zoffany)
ハイシャパラル
(High Chaparral)
サドラーズウェルズ
(Sadler’s Wells)
クールモア牧場
(Coolmore 愛)
5頭 ソーユーシンク
(So You Think)
キングマンボ
(Kingmambo)
ミスタープロスペクター
(Mr Prospector)
種牡馬引退 5頭 カンパノロジスト
(Campanologist)
ダラカニ
(Dalakhani)
ダーシャーン
(Darshaan)
ギルタウン牧場
(Gilltown 愛)
4頭 リライアーブルマン
(Reliable Man)
ファストネットロック
(Fastnet Rock)
デインヒル
(Danehill)
クールモア牧場
(Coolmore 愛/豪)
4頭 アトランティックジュエル
(Atlantic Jewel)
ジャングルポケット トニービン
(Tony Bin)
社台ファーム
(日)
4頭 トーセンジョーダン
キングカメハメハ キングマンボ
(Kingmambo)
社台ファーム
(日)
4頭 トゥザグローリー
マルジュー
(Marju)
トライマイベスト
(Try My Best)
種牡馬引退 4頭 グリーンデスティニー
(Green Destiny)
オアシスドリーム
(Oasis Dream)
グリーンデザート
(Green Desert)
バンステッドマナースタッド
(Banstead Manor 英)
4頭 ミッデイ
(Midday) 

  

2011年WTR入りした351頭のサラブレッドの生産国
レーティング115
以上の産駒数
全体に
おける割合
平均
レーティング
最高レーティング馬
米国 104頭 29.60% 117.5 ドリームアヘッド
(Dream  Ahead)
豪州 53頭 15.00% 116.8 ブラックキャビア
(Black Caviar)
アイルランド 51頭 14.50% 118 キャンフォードクリフス
(Canford Cliffs)
英国 48頭 13.70% 118.3 フランケル
(Frankel)
日本 27頭 7.70% 118.1 オルフェーヴル、トーセンジョーダン、
ヴィクトワールピサ
ニュージーランド 21頭 6.00% 117.5 ソーユーシンク
(So You Think)
フランス 20頭 5.70% 118.1 シリュスデゼーグル
(Cirrus Des Aigles)
ドイツ 13頭 3.80% 117.5 デインドリーム
(Danedream)
南アフリカ 11頭 3.10% 116.6 JJザジェットプレイン
(JJ The Jet Plane)
アルゼンチン 1頭 0.30% 115 エスカモンダ
(Escamonda)
ブラジル 1頭 0.30% 115 フルーク
(Fluke)
カナダ 1頭 0.30% 115 マーケティングミックス
(Marketing Mix) 

  

By Martin Stevens
(1ポンド=約130円)

[Racing Post 2012年1月20日「World rankings confirm great year for European breeders」]


上に戻る