EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 馬主の経費回収率の主要競馬国別順位(国際)【開催・運営】
海外競馬情報
2012年11月20日  - No.11 - 2

馬主の経費回収率の主要競馬国別順位(国際)【開催・運営】


 2011年の英国競走馬の馬主の経費回収率は、2000年と同水準であった。

 IFHA(国際競馬統轄機関連盟)の年次報告書に記載され、IFHAの年次会議(通称:パリ会議)で発表された数字によれば、英国の馬主は2011年に預託料の21%を回収しており、これは2000年と同じ数字である。

 BHB(英国競馬公社:BHAの前身)が1998年にピーター・サヴィル(Peter Savill)会長の指示により作成した財政計画で比較された8つの主要競馬国の中で、経費回収率が横ばいだった英国は、1%増の南アフリカとドイツをやや下回り、また2008年から2010年までの間に下落した6%の半分に当たる3%の増加を果たしたアイルランドには大きく差をつけられている。

 一方、フランスの馬主の経費回収率には改善が見られなかったが、日本(2000年から回収率が19%減)とオーストラリアは下落した。この2年間競馬運営が混乱状態にあるイタリアの馬主は、2010年にはデータ提出がなかったものの2011年は44%の上昇により第4位となった。しかしイタリアの1レース平均の賞金額は6.2%減少した。

 英国の平地競走1レース平均の賞金額は4.2%減少し1万1,917ユーロ(約119万円)となったのに対し、アイルランドは2.8%減少の2万2,359ユーロ(約224万円)となった。しかし競馬開催日数は、アイルランドの前年比4.2%減に対し、英国の競馬開催日数はわずか0.6%減であった。

 IFHAが発表した国別の賞金総額については、IFHAが共通通貨としているユーロの価値が下がっているため、国ごとのバランスが崩れている。

 IFHAの副事務長である秋谷光昭氏はパリ会議において、平地と障害の世界中の総レース数は2年連続の減で1%弱減少したものの、賞金額は、10%強増加した2010年に続きさらに2.6%増加し29億4,000万ユーロ(約2,940億円)となったと報告した。
 

馬主の経費回収率の主要競馬国別の順位
2011(2010) 2011年 2010年 2009年 2008年 2000年 平地1レース平均の
賞金額(順位)
1(1) 日本 61% 63% 65% 65% 80% 46,263ユーロ(1位)
(約463万円)
2(2) フランス 54% 54% 55% 55% 54% 23,526ユーロ(2位)
(約235万円)
3(3) 南アフリカ 46% 45% 48% 50% 48% 7,380ユーロ(9位)
(約74万円)
4(回答なし) イタリア 44% 回答なし 36% 39% 50% 11,513ユーロ(7位)
(約115万円)
5(4) オーストラリア 40% 43% 40% 37% 43% 17,906ユーロ(4位)
(約179万円)
6(5) ドイツ 25% 24% 25% 26% 36% 9,817ユーロ(8位)
(約98万円)
7(6) アイルランド 25% 22% 23% 28% 26% 22,359ユーロ(3位)
(約224万円)
8(7) 英国 21% 21% 回答なし 23% 21% 11,917ユーロ(6位)
(約119万円)

> > 1998年BHB財政計画の中で比較された8ヵ国について、馬主が競走馬の維持費および預託料を賞金獲得によって回収した割合を比較したもの。
> > 米国は、1レース平均賞金が1万4,940ユーロ(約149万円)で、当ランキングの5位に入る。
これは各国から集められIFHAのパリ会議に提出された統計を編集したもの。年次報告はIFHAのウェブサイトで閲覧可能である(IFHAonline.org)。

 

 しかし同氏は、「この上昇は他の貨幣に対するユーロの下落が部分的に影響しており、2010年の為替レートで計算し直せば、その増加は0.4%となります」と語った。

 世界中の賭事売上げについても同じく再計算され、秋谷氏は、「2011年の競馬賭事売上げの総額は、2010年から1.9%増の898億ユーロ(約8兆9,800億円)でしたが、2010年の為替レートでは1.2%減になります」と説明した。

 いくつかの国の賭事売上げはユーロ危機により他国よりもいっそう苦戦した、と秋谷氏は明らかにした。アイルランドの競馬賭事売上げの総額は12%減少し、またギリシャは36.2%、イタリアは20.8%、キプロスは17.9%減少した。

 「日本の競馬賭事売上げは2010年に6.1%減少しましたが、2011年は3月の大震災と原発事故および引き続く経済活動の落ち込みにより、さらに5.7%減少しました」と秋谷氏は付言した。

※資料(PDF)をダウンロードできます。
    ・競馬統計資料2011 (650キロバイト)
    ・年次報告書2011 (8.12メガバイト)

By Howard Wright
(1ユーロ=約100円)

[Racing Post 2012年10月10日「UK owners unchanged in costs recovery table」]


上に戻る