EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > フランス、2011年の賞金額を発表(フランス)【開催・運営】
海外競馬情報
2011年01月28日  - No.2 - 2

フランス、2011年の賞金額を発表(フランス)【開催・運営】


 フランス競馬はイギリスとアイルランドが夢でしか見られない数字を発表し、2011年の総賞金額を3%増の約1億7,500万ユーロ(約210億円)とすることで、世界的な不況傾向に抵抗するだろう。

 フランスギャロ(France Galop)の理事は12月14日、提案されていたムーランドロンシャン賞(G1)の開催日変更を正式に発表した。同賞は、9月の第1日曜日からヴェルメイユ賞(G1)と凱旋門賞のステップレースが施行される第2日曜日に移される予定である。

 さらに、議論が起きているチャンピオンズデー創設(2011年にアスコット競馬場で開始)を受け、フランスギャロは、フォレ賞、オペラ賞、アベイドロンシャン賞の賞金額をそれぞれ5万ユーロ(約600万円)引き上げることで、それに対抗することを決定した。

 売上げの約8%が競馬界に還元される賭事独占制度の結果として、フランスの2011年の総賞金額は、平地競走には435万ユーロ(約5億2,200万円)、障害競走には214万ユーロ(約2億5,680万円)が追加されて前年比約3%増となり、平地競走は約1億1,000万ユーロ(約132億円)、障害競走は約6,500万ユーロ(約78億円)となる予定である。

  経済状況が困難を極めているにもかかわらず、PMU(フランス場外馬券発売公社)は持ちこたえており、インターネット賭事市場が新たに認可を受けた賭事業者に開放された2010年の売上げは前年比0.3%増が予測されている。

 この前向きなニュースによってフランスギャロは2011年の賞金額を3%増加させる決定を行ったが、将来を注意深く見守らなくてはならない。

 フランスギャロのCEOユベール・モンザ(Hubert Monzat)氏は、「2010年に売上げを辛うじて伸ばしたのは、フランスと香港の賭事市場のみです。しかし、私たちはフランスの賭事市場が飽和状態にあることを認識していますので、2012年までに停滞する可能性のある賭事売上げを維持するためにほかの手段を探さなければならないでしょう」と語った。

 フランスギャロの国際競走担当理事であるドミニク・ド・ウェンデン(Dominique de Wenden)氏は次のように語った。「ジャックルマロワ賞(G1)と英国のアスコット競馬場で10月中旬に開催されるチャンピオンズデーの重要レースであるクイーンエリザベス2世S(G1)との間に1ヵ月の間隔をおいてG1競走を施行するために、私たちはムーランドロンシャン賞を移動させました」。

「パターン競走委員会との合意が得られれば、ノネット賞とロシェット賞はG2競走となるでしょう」。

 ノネット賞はヴェルメイユ賞のトライアルレースであり、ロシェット賞はジャンリュックラガルデール賞(G1)のトライアルレースである。

 ウェンデン氏は次のように付け足した。「フランスギャロがリュパン賞を廃止することを決定したため、それに変わるもう1つのG1競走が必要となりました」。

「私たちはメゾンラフィット競馬場で開催されているユジェーヌアダム賞の賞金を引き上げることを決定しましたが、初めの4年間の開催において期待ほど良い評価は得られませんでした。このため、ドーヴィル競馬場で8月に開催されるギヨームオルナート賞の賞金が40万ユーロ(約4,800万円)となり、ユジェーヌアダム賞は13万ユーロ(約1,560万円)に戻されるでしょう」。

 パリ大障害の賞金は85万ユーロ(約1億200万円)となり、G3競走であるチェイス競走とハードル競走の賞金は5,000ユーロ(約60万円)引き上げられ、それぞれ15万5,000ユーロ(約1,860万円)と13万5,000ユーロ(約1,620万円)となる予定である。

 フランスの賭事客はまた、2011年に数多くの国際競走に賭けることができるだろう。2010年においてこれまでにフランスギャロに500万ユーロ(約6億円)以上の収入をもたらした少数の一流海外競走に対して、2010年末までに約8,300万ユーロ(約99億6,000万円)の賭事が行われることになると期待されている。

 2011年においては、実質的には世界中のあらゆる場所から1,000レース以上が賭事の対象となるだろう。

 フランスの賭事客はすでにウィンザー競馬場やメイダン競馬場のほかいくつかの国際競走に賭事を行うことに慣れているが、今やアルゼンチン、シンガポールおよび他の多くの国々における競走に賭けることができる。

 これらの国際競走は、日々のフランスの賭事市場において穴となっている月、水、木、土曜日の午後6時30分から午後8時30分の時間帯を埋めるだろう。 
 

By Desmond Stoneham

 

(1ユーロ=約120円)

 

[Racing Post 2010年12月14日「France reveals prize- money boost for 2011」]
 


上に戻る