EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > アイルランドにおける主要な競馬開催日は日曜日である(アイルランド)【開催・運営】
海外競馬情報
2011年09月22日  - No.18 - 5

アイルランドにおける主要な競馬開催日は日曜日である(アイルランド)【開催・運営】


 アイルランドにおいて日曜日は、今や週末競馬の主要開催日としてしっかりと位置づけられている。

 目立った例外としては、愛チャンピオンS(G1)、愛2000ギニー(G1)、セントレジャー(G1)および愛プリティポリーS(G1)が土曜日に施行されている。そしてこれらのうち2レースは、カラ競馬場で週末の2日間にわたって行われるクラシックウィークエンドの一部として施行される。しかしこれら4つのレース以外において、質が高い競走の開催が行われるのは日曜である。

 障害競走のシーズンにおいても同じで、質の高い開催のほとんどは日曜日に施行されている。

 ホースレーシングアイルランド(Horse Racing Ireland)のCEOブライアン・カヴァナー(Brian Kavanagh)氏は、「この数年において状況はがらりと変わりました。日曜日は今や、フェスティバル開催や2〜3のG1競走を別として、競馬が開催される主要な曜日となりました」と語った。
そして次のように続けた。「徐々にライフスタイルに変化が生じ、今や土曜日は多くの人が働くか他の活動に没頭する日となり、日曜日が楽しみの日であり外出する日となりました」。

「そのため、競馬場は通常入場者数が土曜よりもずっと多い日曜日に質の高い開催を施行することを好みます」。

 今年の開催日程は、日曜開催が50日施行され、そのうち30日は2場で施行される。競馬が施行されない日曜日は、7日間のゴールウェイフェスティバルの前日である7月24日とクリスマスだけである。

 カヴァナー氏は、アイルランドで問題となっているのはバランスが日曜日に偏りすぎではないかということであると述べた。そして、「おそらく私たちは土曜開催のいくつかを再び活性化させることを検討し、土曜開催の質を高める方法があるかどうか見極める必要があります」と付け足した。

By Tony O’Hehir

[Racing Post 2011年7月19日「Ireland makes the most of‘a day for enjoyment and going places’」]


上に戻る