EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ハリウッドパーク競馬場、ステークス競走の賞金を大幅削減(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2010年04月23日  - No.8 - 2

ハリウッドパーク競馬場、ステークス競走の賞金を大幅削減(アメリカ)【開催・運営】


 ハリウッドパーク競馬場の4月21日から始まる60日間の“ごまかし”とも言える春夏開催ステークス競走のカレンダーは、カリフォルニア競馬の厳しい現状を示す1つの例である。

 “ごまかし”とは、2009年の800万ドル(約8億円)が2010年には580万ドル(約5億8,000万円)に大幅削減されたことである。

 ハリウッドパーク競馬場のジャック・リーボー(Jack Liebeau)場長は、「私たちは下級条件競走を守りたかったのです。私たちの目標は、競馬に出来るだけ多くの参加者を留めておくことであり、それは下級条件競走を守ることで可能になります」と語った。

 同場長は次のように続けた。「米国全体で何が起きているのか考慮すれば、ステークス競走の賞金を削減することは当たり前ですが、カリフォルニア州で起き ている問題は、馬が賞金額の高い管轄区に移動していることです。また、馬の維持費は他の州ではもう少し安価であり、このことで私たちは二重苦を受けていま す」。

 同競馬場の5つのG1競走は、開催における一流競走への賞金削減に矛先が向いたためにダメージを受けている。7月10日開催のハリウッドゴールドカップ (G1)は、賞金が70万ドル(約7,000万円)から50万ドル(約5,000万円)に減少した。非常に大きなダメージを受けたレースはアメリカンオー クス(G1)であり、その賞金額は70万ドル(約7,000万円)から25万ドル(約2,500万円)となった。いずれもハンデキャップ競走であるチャー ルズ・ウィッティンハム記念H(G1)、トリプルベンドH(G1)、ヴァニティーH(G1)の3競走の賞金額は30万ドル(約3000万円)から25万ド ル(約2,500万円)となった。ゲームリーS(G1)、シューメイカーマイルS(G1)の賞金は25万ドル(約2,500万円)で維持される。

 2009年には施行されたが2010年には施行されないステークス競走は6競走である。しかし、2つの重賞競走が復活する。それは、5月15日開催の賞 金額15万ドル(約1,500万円)のジム・マーレー記念H(G2)、6月20日開催の賞金額10万ドル(約1,000万円)のウィル・ロジャーズ H(G3)である。

 リーボー場長は、ハリウッドパーク競馬場は販売促進と広告のために取っておいた資金を賞金に割り当てたと述べた。

 同場長は、「まず商品を心配し、その後に販売について心配しなければなりません。どんなにマーケティングは良くても、勝利を収めることはできません。私たちは馬がカリフォルニア州を去っていくのを引き止める策を取らなければなりません」と語った。

 カリフォルニア・サラブレッド調教師会(California Thoroughbred Trainers: CTT)の理事会メンバーでありハリウッドパーク競馬場を拠点としているジョン・シレフス(John Shirreffs)調教師は、「賞金を削減することで生じる問題は、人々を惹きつける優良馬を失ってしまうことです。私はただ、彼らがバランスの取れた 方法を見つけられることを望んでいます」と語った。

 ハリウッドパーク競馬場が直面している他の問題は、その将来である。

 リーボー場長は、「私たちはずっと競馬を続けることを前提に競馬場を運営しています。私たちは破綻した状況で運営しているわけではありません」と語った。

 ハリウッドパーク競馬場はカリフォルニア・サラブレッド馬主会(Thoroughbred Owners of California: TOC)の賛同を得て賞金を削減したが、CTTの理事会メンバーの数人は、打診されなかったと憤慨していた。

 ダレル・ヴィエナ(Darrell Vienna)調教師は、「情報がないときに何かについてコメントすることは難しいです」と述べた。

 ブルース・ヘッドリー(Bruce Headley)調教師は、「馬主と調教師が一緒に取り組んでいない州はカリフォルニア州だけです。私は調教師であると同時に馬主ですが、何も発言する権利がありません」と語った。

 TOCの競馬業務委員会のマデリン・アウアーバッハ(Madeline Auerbach)委員長は、「この経済状況下で、下級条件競走の賞金を守るためにG1競走の賞金を削減することにしました」と語った。

 

By Larry Stewart
(1ドル=約100円)


[Thoroughbred Times 2010年3月20日「Hollywood slashes stakes purse, cuts marketing」]


上に戻る