EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 2010年の賞金と出走手当、1%増加(フランス)【開催・運営】
海外競馬情報
2010年02月26日  - No.4 - 1

2010年の賞金と出走手当、1%増加(フランス)【開催・運営】


 2009年12月14日、ブーローニュにあるフランスギャロ(France Galop)において、フランスギャロの委員に選出された代表者たちが、2009年最後の委員会に出席した(訳注:フランスギャロ委員会は、馬主、生産 者、調教師、騎手、各地方競馬連合会および地方審査会の代表、参与会員、特別会員からなる50名で構成)。委員たちは、取締役会により準備された2010 年予算を徹底的に考証し承認した(訳注:取締役会は、50名の委員から選出された12名で構成されており、任期は4年)。この予算には、不安要素があるに も関わらず、積極的な取組みがなされており、賞金と出走手当が1%増加する。

 フランスギャロの委員たちは、数日前にこの予算枠を1.5%増加させる選択をした速歩競走統轄機関であるシュヴァルフランセ(Cheval Francais フランス速歩協会)の委員と同様に競馬界の将来を信頼している。しかしシュヴァルフランセの準備金は、平地競走の抱えているロンシャン 競馬場の建て替えのような問題がないためずっと豊富である。

 フランスギャロは経済情勢やインターネット賭事開放に関連する法律の発効予定などの不確定要素を加味し、2010年予算を入念に作り上げ、賞金と出走手当を240万ユーロ(約3億1200万円)増加させることを決定した。

 平地競走については、フランス場外馬券発売公社(Pari Mutuel Urbain: PMU)が馬券を発売する開催日であるにもかかわらずこれまで7レースまでしか行なわれていなかった日に、第8レースを創設するために、80万ユーロ(約 1億400万円)を出資する。また、8万ユーロ(約1040万円)がパリ地区競馬場のレース数の均等化のために、コンピエーニュ競馬場とフォンテーヌブ ロー競馬場に優先的に拠出されるが、パリ地区以外(プロバンス)の競馬場にも支給されるだろう。

 馬種の保護活動を行なう団体もまた忘れられているわけではなく、非サラブレッドに3万ユーロ(約390万円)、純血アラブ種に6万ユーロ(約780万円)、アングロアラブ種に1万3000ユーロ(約169万円)の追加補助金が拠出される。

 障害競走では、PMUが馬券発売を行う開催日への第8レース創設に38万ユーロ(約4940万円)が拠出され、24万ユーロ(約3120万円)がコンピ エーニュ、ディエップ、フォンテーヌブロー、リオンダンジェ、メズレー・デュ・マーヌ、ナントおよびトゥールーズ競馬場に拠出されるだろう。またアングロ アラブ種の障害競走には、1万ユーロ(約130万円)以上の追加補助金が拠出されるだろう。

 しかしこの予算は、今後の経済情勢により準備金の対象となる可能性が高い。2009年はPMUにとって売上げが0.5%成長したものの、2009年初め の予想よりも3.5%下回った困難な年であった。結果的に、賭事粗利益の成長は2009年においてほとんどなくなり(0.2%増)、これは事業運営を行っ ていくには物足りないものである。

 すべては控除率を引下げる法案の採決(4月)に掛かっている。競馬統轄機関にとって年間およそ1500万ユーロ(約19億5000万円)のボーナスを生 むことが期待されているこの措置は当然、非常に心待ちにされている。それゆえ、シュヴァルフランセと同様に、フランスギャロの利益は早期にこの法案が可決 されることに掛かっている。

 また2009年最後の委員会は取締役のアンリ・ド・プラコンタル(Henri de Pracomtal)氏に、ロンシャン競馬場の改築計画の概要を説明するよう要請した。2010年春に建築家の選考が開始されることが確認されたが、いず れにせよどの決定も確定的なものではないと理解されている。行政許可が下り、経済情勢の進展のある時期を見て検討されるだろう。成り行きを見守りながら、 2011年下半期の間に決定がなされることが最適である。

 審判審議会(Conseil Juridictionnel)のメンバーもまた、走行妨害の判定についての新たな規範の作成に関して様子を見るだろう(訳注:審判審議会はフランスギャ ロ委員会の非公開の選挙で有効投票の過半数を得たフランスギャロの裁決委員により構成)。競馬界の中心的人物が多く集まった非常に前向きな2009年11 月18日の会合の後、審判審議会メンバーは自身の考えを練り上げた。彼らは公式声明で、「今後の会合において、明確な議題となる」と結論付けた。

 最後に言及された決定は、パターン競走委員会により有効と認められれば、2010年4月にメゾンラフィット競馬場のジェベル賞(Prix Djebel 芝1400 m 3歳牡馬・せん馬)を、2009年のアンプリューダンス賞と同じように、G3競走に昇格させることである。

By Francois Hallope
(1ユーロ=約130円)

[Paris Turf 2009年12月20日「+1% pour les allocations en 2010」]


上に戻る