EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > マクツーム一族の競走馬購買パターンに顕著な変化(アメリカ)【生産】
海外競馬情報
2010年10月22日  - No.20 - 3

マクツーム一族の競走馬購買パターンに顕著な変化(アメリカ)【生産】


 キーンランド9月セールにおけるマクツーム一族(Maktoum)の 購買パターンが、この12ヵ月間に顕著に変化した。それは、211頭のカタログ掲載馬の上場と組み合わせて行われた2010年の2夜にわたるセレクトセッ ションを、207頭の1歳のカタログ掲載馬が上場された2009年の開幕日と比較することにより明らかになった。

 2010年の1歳馬セールにおける特徴は、モハメド殿下(Sheikh Mohammed)が2009年には14頭を483万ドル(約4億8,300万円)で購買したにもかかわらず、2010年は1歳馬2頭のみの購買に65万 ドル(約6,500万円)しか支払わず、支出を抑えていることである。

 これに対しハムダン殿下(Sheikh Hamdan)は、アルカナ社(Arqana)やドンカスター社(Doncaster)のセールへの不参加を埋め合わせる行動をとり、市場に強い影響を与 えた。そのシャドウェル牧場(Shadwell)は、2009年に2頭の馬の購買に123万ドル(約1億2,300万円)しか支出しなかったのに対し、 2010年は、日曜と月曜の夜に合計12頭の1歳馬の購買に511万ドル(約5億1,100万円)を支出した。

 一方、クールモア牧場(Coolmore)は2009年に2頭を106万5,000ドル(約1億650万円)で購買したのに対し、2010年は同じ頭数 の購買に60万ドル(約6,000万円)しか支出せず、控えめである。ただ、クールモア牧場は、日曜夜に420万ドル(約4億2,000万円)の最高額で 落札された馬のセリで札は入れていた。

 

マクツーム一族のキーンランド9月セールでの購買
  最高額の購買馬 価 格 頭数 平均購買額 総購買額
2010年
モハメド殿下 牡馬(Bernadini-
Victory Ride)
$45万
(4,500万円)
2 $32万5,000
(3,250万円)
$65万
(6,500万円)
ハムダン殿下 牡馬(Bernadini-
Private Status)
$80万
(8,000万円)
12 $42万5,833
(4,258万円)
$511万
(5億1,100万円)
2009年
モハメド殿下 牡馬(Speightstown-
Taj Aire)
$70万
(7,000万円)
14 $34万5,000
(3,450万円)
$483万
(4億8,300万円)
ハムダン殿下 牡馬(Dynaformer-
Curriculum)
$65万
(6,500万円)
2 $61万5,000
(6,150万円)
$123万
(1億2,300万円)

By Richard Griffiths
(1ドル=約100円)


[Racing Post 2010年9月15日「Major change in Maktoum buying」]


上に戻る