EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ウィリアムヒル社、英国のコールセンターを閉鎖(イギリス)【開催・運営】
海外競馬情報
2010年09月10日  - No.17 - 2

ウィリアムヒル社、英国のコールセンターを閉鎖(イギリス)【開催・運営】


 ウィリアムヒル社(William Hill)は、英国にある電話賭事コールセンターの1つを閉鎖するとともにもう1つのコールセンターの業務を外部に委託する。これは、英国競馬の厳しい財政状況に更なる大きな負担を強いる動きとなる。

 ウィリアムヒル社のCEOラルフ・トッピング(Ralph Topping)氏は7月中旬に、同社の不調な英国拠点の電話賭事サービスは見直しが行われており、電話事業の大半をタックスヘイブンのジブラルタルに移 転させるという選択を行うことで人員削減がなされている、と述べた。

 ウィリアムヒル社のシェフィールドにあるコールセンターは、2010年末までに顧客サービスを扱う外注請負会社ヴァーテックス(Vertex)に譲渡さ れ、リーズのコールセンターは閉鎖される。また、ジブラルタルに移転されたインターネット事業と平行して新しい電話賭事事業が立ち上げられる。

 従業員は90日間の期間を経て別のポストを提供されるが、2つのコールセンターの400の職のうち150は失われるだろう。

 トッピング氏は、現在見直しがなされている採算の取れないベッティングショップから少なくともさらに200の職がなくなるという深刻なリスクがあることについても警告した。

 ウィリアムヒル社の2,300軒のベッティングショップのうち170軒の採算がとれないことを明らかにした上で、同氏は次のように語った。「これらのう ち最大110軒は今後の存続に疑問符がついており、これはここ数年で思い出せる最大の数字です。そのうち50軒はその将来の姿を検討中です」。

 トッピング氏は、今回のコールセンター閉鎖の決定の背景にはベッティング・エクスチェンジと海外電話賭事業者との競合の問題があるとして非難する一方、 非常に多くのベッティングショップが危険な状態に置かれていることの原因は、ターフTV社(Turf TV)からの持続的な打撃にあると述べた。

 「ベッティングショップから競馬放映への支払いは非常に高額です。私たちは実際、衰えつつあるものに多くを支払いすぎています。もし財政あるいは規制の面で活路が見つからなければ、賭事産業は縮小する運命にあります」。

 電話賭事事業をジブラルタルに移転させることは、賭事客がインターネット賭事と電話賭事に同じ口座を使うことを可能にする。

 電話賭事部門は2009年に、180万ポンド(約2億5,200万円)の損失を出した。この移転により700万ポンド(約9億8,000万円)の一時的な経費が生じるが、ウィリアムヒル社は削減できる経費と税金でほとんど同額を毎年節約できる。

 この毎年節約される700万ポンド(約9億8,000万円)のうち約半分は、今後支払われなくなる競馬賭事賦課金によってもたらされる。そしてこのこと により英国競馬が失うこととなる額は、インターネット事業の海外移転後には約600万ポンド(約8億4,000万円)まで増えることになるだろうとトッピ ング氏は述べた。

 ウィリアムヒル社は、自主的に賦課金を支払っている海外拠点の賭事業者スポーティングベット社(Sportingbet)に倣うつもりはない。

 トッピング氏は、「私は公平な条件が得られるのであれば喜んで支払いますが、現在のところそれはありません」と述べた。

 BHA(英国競馬統轄機構)のCEOニック・カワード(Nick Coward)氏は、BHAは“競馬の将来を守るために”、早急に政府と話し合うことを模索するつもりであると述べた。

 同氏は次のように付け加えた。「本日のニュースは、競馬にとってもう1つの大きな打撃です。賭事運営業者が、英国競馬と英国の雇用を犠牲にしてまで自身の利益増加のために緩い規制制度を利用しようとしていることは、ほとんど驚くに値しません」。

 トッピング氏はその後、自身が “反ブックメーカー的”と称しているカワード氏の姿勢に反論した。同氏は、「私たちが一緒に事業を行える競馬界の最前線の人々がいます。その中にはBHA のポール・ロイ(Paul Roy)会長、競馬賭事賦課公社(Levy Board)のポール・リー(Paul Lee)会長、そしてホースメングループ(Horsemen’s Group)のポール・ディクソン(Paul Dixon)会長がいます。商業的に鋭い洞察力を持ち現実感覚に優れている彼らが、今や一歩前に出て競馬の舵取りを行う必要があります」と語った。

 

By Howard Wright
(1ポンド=約140円)


[Racing Post 2010年7月27日「Hills close UK call centre and warn of job losses in shops」]


上に戻る