EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ベットフェア社、任意の賦課金拠出を直接資金援助に転換(イギリス)【開催・運営】
海外競馬情報
2010年08月27日  - No.16 - 5

ベットフェア社、任意の賦課金拠出を直接資金援助に転換(イギリス)【開催・運営】


 BHA(英国競馬統轄機構)からの絶え間ない中傷と敬意の欠如。そし て競馬賭事賦課公社(Levy Board:賦課公社)により仕組まれた持続的で差別的な攻撃によってますます膨れ上がる弁護料。これらが、任意の賦課金拠出を競馬場への直接資金援助に 転換するという決断をベットフェア社(Betfair)にさせた理由の一部であると、ベッティング・エクスチェンジを提供する同社の法律担当部長である マーティン・クラデス(Martin Cruddace)氏は7月7日に説明した。

 賦課公社の最新の数字である2008-09年において620万ポンド(約8億6,800万円)に上るベッティング・エクスチェンジからの賦課金拠出のうち、ベットフェア社からの拠出が大部分を占めていた。

 ベットフェア社はまた、海外の顧客が英国競馬を対象に行った賭事から約125万ポンド(約1億7,500万円)におよぶ自主的な拠出を行っていた。

 しかし、賦課公社がベッティング・エクスチェンジの顧客に対して調査を開始したとの発表を受けて、クラデス氏は、ベットフェア社がもはや自主的な拠出は行わないことを正式に発表した。

 同氏は、「常に自分に向けられている拳銃の弾の費用を支払うようなものです」と述べた。

 また、他の懸念としては、BHAが明らかにベットフェア社の競争相手であるブックメーカーと一緒に取り組むことに積極的なことや、ウィリアムヒル社 (William Hill)とラドブロークス社(Ladbrokes)が2009年にインターネット事業を海外に移転させた際にベットフェア社がBHAから明確な同意を得 られていないことであるとクラデス氏は述べた。

 ベットフェア社は今年、自主的な賦課金を支払う代わりに、競馬場と競馬関連の慈善団体に対して以前と同等の125万ポンド(約1億7,500万円)に相当する金額を直接支払うだろう。

 クラデス氏は、「私たちは、この資金を英国競馬から回収してしまうのではありません。仲介人の給料や年金支払いのための経費、そして私たちの事業に対す る持続的で差別的な攻撃に伴って発生する莫大な弁護料によって、資金の効果を薄めてしまうのではなく、競馬の真の利益に役立てられることを確認したいので す」と語った。

 ベットフェア社と競馬界の何人かのリーダーたちとの脆弱な関係は、賦課公社の発表に対するBHAのCEOニック・カワード(Nic Coward)氏の次のような反応に表れていた。

 「競馬界は長年にわたって、ベッティング・エクスチェンジが競馬の賦課金収入に及ぼしてきた著しい悪影響を非難してきました」。

 「ベッティング・エクスチェンジは、賭事市場に一大変化をもたらしました。その結果、その影響は競馬の将来、賭事全体の将来、そして競馬産業と賭事産業の関係への最大の懸念になりました」。

 「競馬は、賭事産業全体によって規制の抜け穴すべてを悪用して搾り取られる受身の立場であり、競馬および競馬関係者は損害を受けるに至っています。英国人の生活にとって重要な競馬が抑圧される危機にあります」。

 「1つの例としては、ベットフェア社は2009年に賦課公社への自主的な賦課金拠出を行いましたが、2010年においてはその資金援助はなくなりました」。

 また、英国ブックメーカー協会(Association of British Bookmakers)の上席理事であるトム・ケニー(Tom Kenny)氏は7月6日の夜、下院の超党派の賭事ゲーミング部会(All-Party Betting and Gaming Group: APBGG)で発言した際に、ベッティング・エクスチェンジおよび競馬と政府への資金拠出の話題を取り上げた。

 ケニー氏は、“賭事委員会(Gambling Commission)は金額に見合う価値があるのか?”という議題について話した際に、2009年にベッティング・エクスチェンジを通じて“漏出”した 税金と賦課金は7,500万ポンド(約105億円)にのぼり、ベットフェア社が支払いを免れた金額は“まったくばかばかしい額である”と主張し、次のよう に語った。

 「おそらく賭事委員会が、規制に対する“リスクに基づく取組み”を釣合いのとれた形で遂行するに当たって冒した最大の失敗は、今や英国に広く行き渡ったベッティング・エクスチェンジです」。

 「年が経つにつれて、競馬への賭事は、収入が2005年から3倍に膨れ上がっているベッティング・エクスチェンジに移っています。ベッティング・エクス チェンジの賭事の大部分はビジネスが目的であり、賭けの駆け引きを楽しむための一般賭事客による賭事ではありません。ベッティング・エクスチェンジの利用 客は賭事運営免許を申請せず、その利益から税金も賦課金も支払っていません」。

ケニー氏は賭事委員会に対し、免許を有さない賭事客による大規模でビジネス目的のベッティング・エクスチェンジについて調査するよう要求した。

 

By Howard Wright
(1ポンド=約140円)


[Racing Post 2010年7月8日「Attacks prompt Betfair to divert levy contributions」]


上に戻る