EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 2010年上半期の競馬場入場者数が3.5%増加(イギリス)【開催・運営】
海外競馬情報
2010年08月27日  - No.16 - 1

2010年上半期の競馬場入場者数が3.5%増加(イギリス)【開催・運営】


 英国の競馬場の1日平均入場者数は、2010年上半期において3.5%増加し、競馬場協会(Racecourse Association: RCA)に満足感を与え、競馬産業全体に喜びを与えた。

 RCAのCEOスティーヴン・アトキン(Steven Atkin)氏によれば、2010年上半期の入場者数が2009年上半期よりも増加し、合計で前年比2%増の281万529人、1日平均入場者数で 3,992人となったのは、競馬場が開催日の販売促進に一生懸命に取り組んだ賜物である。

 アトキン氏は、「3.5%増は素晴らしい成績です。この経済状況を踏まえれば、そもそも増加するということが朗報です」と述べた。

 「競馬場は、開催日の販売促進のために割引その他のサービスを行い、非常に一生懸命に取り組みました。彼らの努力は入場者数の改善で報われるに値します」。

 「特に6月の入場者数が、ライバルイベントであるサッカー・ワールドカップが開催されていたにもかかわらず堅調であったことに勇気づけられます。英国 チームが出場する試合と開催日が競合していた競馬場は苦しみましたが、英国チームが予想外に早く敗退してしまったことは、競馬にとっては良いことでし た」。

 「天候は昨年より良かったのですが、1月だけは天候が悪く、とりわけ入場者数が少なくなりました」。

 同氏は次のように付け足した。「競馬変革プロジェクト(Racing For Change)もまた、この入場者数増加に貢献しました。ニック・アッテンボロー(Nick Attenborough)氏とそのチームは、競馬に行くことの魅力を拡大するために入場料無料週間を設けるなど熱心に取り組みました。しかし入場料無料 週間は、半年という期間で見れば総入場者数に大きな違いをもたらしていません」。

 アトキン氏は、この入場者数が収入にどのような意味をもたらすかについて、2008年には競馬場の総合的な利益は税控除前で1,800万ポンド(約25 億2,000万円)であり、2009年はこれにかなり似た数字になると予測しているが、経済不況の中では賞賛に値する実績であると述べた。

 同氏は次のように付言した。「私は、2010年のスポンサーシップとホスピタリティー支出に回復があるとしてもささやかなもので、競馬場が本来あるべき と考える水準を下回るだろうと考えています。また多数の人々が競馬場に来続けてもあまりお金を支出しないという可能性もあります」。

 馬主協会(Racehorse Owners’ Association)のCEOマイケル・ハリス(Michael Harris)氏は、「困難な経済状況の中で競馬場が入場者数を増やし続けるために行った努力は祝福されるべきでしょう」と述べた。

 同氏は次のように続けた。「競馬場にとっての朗報は、競馬界全体にとっても朗報です。なぜなら、このことは競馬場がより良い財政状況となり、賞金への資金提供を最大にし、賦課金減少によるホースマンへの打撃を和らげることを意味するからです」。

 「これらの数字が、競馬界の利益は徐々に減っているとブックメーカーが述べている物語とは別の物語を提供していることに元気づけられます」。

 ハリス氏は次のように付言した。「もちろん競馬界全体は、やるべき仕事がたくさんあることを認識していますが、賦課金の減少は、賭事客が競馬に背を向け て去っていくことよりも、ブックメーカーが賦課金制度の抜け穴を利用することによるところが大きいのです。競馬場入場者数の相対的な上昇傾向は、このこと が事実であることを示唆しています」。

 BHA(英国競馬統轄機構)のニック・カワード(Nic Coward)氏は、「この素晴らしい数字は、競馬人気を高めて新たな顧客を惹きつけようとする競馬場と競馬界全体の懸命な取組みを反映したものです」と述べた。

 「経済不況による最悪の事態に備え、それを追い払おうとする私たちの努力は、競馬場入場者数については報われました。しかし競馬全体をできる限り良い方 向にもっていくことが最重要です。このことは、私たちが現在受け取っているすずめの涙ほどのレベルから脱皮して、十分な拠出を賦課金から得ることを意味し ます」。

 2009年の571万8,729人という入場者数は、4年連続で全体的な観衆が減少する傾向を覆した。しかし2008年よりも開催日数が増加していたため、1日平均入場者数は0.22%減少し、4,008人となっていた。

 

競馬場入場者数
  2009年(1月〜6月) 2010年(1月〜6月)
  入場者数 開催日数 1日平均入場者数 入場者数 開催日数 1日平均入場者数
1月 156,895 85 1,846 126,535 78 1,622
2月 138,366 88 1,572 139,131 87 1,599
3月 407,138 112 3,635 413,287 110 3,757
4月 496,748 128 3,881 532,931 125 4,263
5月 678,498 159 4,267 710,244 159 4,467
6月 879,102 143 6,148 888,401 145 6,127
合計 2,756,747 715 3,856 2,810,529 704 3,992
        (+2%) (−1.5%) (+3.5%)

By Andrew Scutts
(1ポンド=約140円)


[Racing Post 2010年7月23日「Praise for racecourses as attendance rises by 3.5 per cent in first half of year」]


上に戻る