EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 英国競馬統轄機構、新人騎手のためトレーニングレースを開催(イギリス)【開催・運営】
海外競馬情報
2010年06月25日  - No.12 - 2

英国競馬統轄機構、新人騎手のためトレーニングレースを開催(イギリス)【開催・運営】


 指導を通じたレベル向上を目的とする新人騎手向けレースの7シリーズ が、BHA(英国競馬統轄機構)の主導のもとで、“レーシング・エクセレンス(Racing Excellence)”と呼ばれる認定制度として一体化された。この“レーシング・エクセレンス”は、鞭を使わずとだけを使うレースやトレーニングレー スという条件の下で施行されるすべてのシリーズが対象とされる
 (訳注:レーシング・エクセレンスのウェブサイト
     http://racingexcellence.careersinracing.com/)。

 このシリーズは5月15日、ニューマーケット競馬場で鞭を使わず拳と脚だけを使う見習い騎手のレースから始められ、インプライミスタグラ (Imprimis Tagula)に騎乗したナターシャ・イートン(Natasha Eaton)騎手が優勝した。このシリーズは、2010年の平地競走と障害競走において74レースを対象とする。参加騎手の経験については、勝鞍10勝未 満のレースから勝鞍20勝以下のレースまである。

 それぞれのレースには、コーチのリチャード・パーハム(Richard Perham)氏、スティーヴ・スミス・エックルズ(Steve Smith Eccles)氏、ジミー・ブリースデール(Jimmy Bleasdale)氏、マイケル・テバット(Michael Tebbutt)氏およびジェイソン・カラガン(Jason Callaghan)氏の指導とサポートが得られる。各レースにこのコーチ陣の1人が立ち会い、競走騎乗、レース戦略、適性、専門的技術および振る舞いに ついて指導を行う。

 レーシング・エクセレンスの大使となった元障害騎手のジョン・フランコム(John Francome)氏は、「私は、騎乗技術を向上させることと、鞭に頼るのではなく拳と脚を使うことを教えることに熱心に取組んでいます。これらのトレー ニングレースは技術向上に計り知れない機会を与えますので、私はどの若手騎手に対しても参加するように呼びかけています」と語った。

 BHAのCEOであるニック・カワード(Nic Coward)氏は、「卓越性の追及は、英国競馬のすべての面でいの一番に重要であり、レーシング・エクセレンスを通して、私たちは将来のチャンピオン騎 手がキャリアの初期段階で、できるかぎり最善の指導を受けることを確実にしようと努めています」と語った。

 同氏は次のように付け足した。「これらのシリーズの勝者のそうそうたる顔ぶれを見さえすれば、このシリーズが、成功のためのきっかけとして役立ち、私たちの幅広い教育とトレーニングプログラムが必要不可欠であることがわかります」。

 「このシリーズはまた、専門的技術、ホースマンシップ、スポーツマンシップなど、現在のチャンピオン騎手であるAP・マッコイ(AP McCoy)騎手やライアン・ムーア(Ryan Moore)騎手が存分に兼ね備えている特性の重要性を教えます」。

 シリーズのスポンサーは、アックスミンスター社(Axminster)とベットフェア社(Betfair)である。レーシングポスト紙は、紙面およびインターネットのサイトでこのシリーズを支援する。

 競走日程、競走結果および個人の成功談などシリーズについての情報は、ウェブサイト(careersinracing.com/racingexcellence)で閲覧可能である。

 拳と脚だけを使うレースにおいて、騎手は鞭を持つことはできるが、その使用は安全を理由としたときのみに限られる。またトレーニングレースでは、鞭を使うことはできるが逆鞭は認められない。

 シリーズは英国の2つの競馬学校により支援されている。それは、英国競馬学校(British Racing School)と騎手に指導を行うために初めて講師派遣が要請された北部競馬学校(Northern Racing College: NRC)である。

 NRCのCEOドーン・グッドフェロー(Dawn Goodfellow)氏は、「トレーニングレースが騎手の訓練に取り入れられたことも初めてですので、私はこれに協力したいと強く願っておりますし、この計画に満足しています」と語った。

トレーニングレースの7シリーズ
 

(1) ハンズ・アンド・ヒールズ見習い騎手競走(ベットフェア社)
(2) ハンズ・アンド・ヒールズ条件付騎手競走(ベットフェア社)
(3) ハンズ・アンド・ヒールズ全天候馬場競走
(4) ソールズベリー見習い騎手競走(アックスミンスター社)
(5) 見習い騎手トレーニングレース(ベットフェア社)
(6) 条件付騎手トレーニングレース(ベットフェア社)
(7) ヘイドック・トレーニングレース
(関連記事)海外競馬ニュース 2010年No.20「英国の騎手、ロマネ氏の世界的な鞭使用禁止の予測に強く反論 (イギリス)」


[Racing Post 2010年5月16日「BHA announce training races for young jockeys」]


上に戻る