EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 経済不況にも拘わらず新競馬場建設は着々と進行(ドバイ)【開催・運営】
海外競馬情報
2009年05月01日  - No.9 - 1

経済不況にも拘わらず新競馬場建設は着々と進行(ドバイ)【開催・運営】


 ドバイに新設されるメイダン競馬場は、2010年の第14回ドバイ・ ワールドカップにあわせて開場することが計画されている。メイダン競馬場の模型がモハメド殿下(Sheikh Mohammed bin Rashid al Maktoum)により公表されたのは2007年1月であった。巨額の投資によりドバイの競馬は急速に発展し続け、現在も経済不況に目もくれずタイトな日 程で建設が続いている。

 2010年にはドバイ・ワールドカップが新競馬場に移動し、新しい平地競走の時代の幕がドバイで開かれるだろう。第1回ドバイ・ワールドカップが開催さ れシガー(Cigar)が優勝したのは、13年前の1996年である。砂漠のらくだ競走場の広場でまったく初めて英国に端を発するサラブレッド競馬が施行 されたのは、つい1981年のことである。その10年後にナドアルシバ競馬場が生まれたが、現在ではすでに老朽化している。


向上し続けるレベル

 ドバイの国際競走は世界中から集まった優秀な競走馬が参戦し、年々その内容が濃くなっている。選出されて出走するには、テニスのATPランキングに相当 する競馬のレーティングで高い数値を得ていることが必要である。ハンデッキャッパーたちもまた、候補馬の平均レーティングが年々上がっていくのに注目して いる。2009年には11週間13開催日のためにドバイ入りした外国馬のレーティングは、その約40%が105以上であった。この調子で2〜3年推移する と、一体どれだけの競走が“グループ競走”へ昇格するのだろうか。

 [訳注:国際格付けを受ける重賞競走の要件の1つは、上位入線4頭の国際レーティングの平均がG1=115、G2=110、G3=105以上]。

 ナドアルシバ競馬場で施行されるすべての競走の平均賞金額は、50万ドル(約5000万円)である。

 エルドラド(黄金郷)には誰もが入れるのであろうか?豊穣の地ドバイは、その時期に明らかに出走が可能な特定のエリート馬を惹き付ける。とりわけ、3月 のドバイは、南半球の馬にとっては夏季の南半球から遠征となるので、魅力的である。一方重馬場が得意な馬は、出走を控えた方が良さそうだ。


グローバル化への取組み

 アラビア半島では賭事は禁じられている。だが、現地の首長一族が石油収入から比類のない気前良さで競馬を資金援助しており、それを魅力としてドバイは競馬の国際化を牽引している。

 しかし、ドバイも原油価格の下落や金融危機を免れることはできなかった。ドバイの銀行は、アラブ首長国連邦中央銀行(Banque Centrale des Émirats 石油の産出量がさまざまである7ヵ国による連合銀行)に支援を要請しており、ドバイの不動産価格は6ヵ月で25%下落した。


時間および不況との闘い

 この数字から想起されるのは、新メイダン競馬場を核とする面積700ヘクタールのファラオ的なメイダン総合建設計画のことである。7000人が2010 年ドバイ・ワールドカップをそこで施行するために強行軍で働いている。モハメド殿下はなんとしても実現するつもりだ。マリーナのそばに全長1キロメートル で高級ホテル、美術館、レストランも入る10階建てのグランドスタンドを出現させるための時間は2年に限られている。このスタンドだけで、13億ドル(約 1300億円)の契約が組まれている。

 

2008年世界でもっとも高額賞金であったレース

ドバイ・ワールドカップ 600万ドル(約6億円)
凱旋門賞 583万9200ドル(約5億8392万円)
ドバイ・デューティフリー 500万ドル(約5億円)
ドバイ・シーマクラシック 500万ドル(約5億円)
BCクラシック 500万ドル(約5億円)
ジャパンカップ 478万7096ドル(約4億7871万円)
メルボルンカップ 438万2500ドル(約4億3825万円)
有馬記念 344万248ドル(約3億4425万円)
BCターフ 300万ドル(約3億円)
コックスプレート 271万7150ドル(約2億7172万円)
香港カップ 256万6000ドル(約2億5660万円)
宝塚記念 252万6438ドル(約2億5264万円)
天皇賞(春) 252万6438ドル(約2億5264万円)
天皇賞(秋) 252万6438ドル(約2億5264万円)
ジャパンカップ・ダート 249万3597ドル(約2億4936万円)
エプソムダービー 248万3750ドル(約2億4838万円)
コーフィールドカップ 219万1250ドル(約2億1913万円)
ジョッキークラブ賞(フランスダービー) 218万9700ドル(約2億1897万円)
アイリッシュ・ダービー 218万9700ドル(約2億1897万円)
香港マイル 205万2800ドル(約2億528万円)
カナディアン・インターナショナル 201万2600ドル(約2億126万円)
ドバイ・ゴールデンシャヒーン 200万ドル(約2億円)
UAEダービー 200万ドル(約2億円)
ケンタッキー・ダービー 200万ドル(約2億円)
BCジュヴェナイル・フィリーズ 200万ドル(約2億円)
BCレディース・クラシック 200万ドル(約2億円)
BCマイル 200万ドル(約2億円)
BCフィリー&メア 200万ドル(約2億円)
BCスプリント 200万ドル(約2億円)
※ダート馬場または人工馬場での施行

[国際競馬統轄機関連盟(International Federation of Horseracing Authorities: IFHA)の資料による]。

 

By Gérard de Chevigny
(1ドル=約100円)


[Paris Turf 2009年3月25日「Dubai fait fi de la crise」]


上に戻る