EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > トート社、競馬場にプール賭事の提携強化を提案(イギリス)【開催・運営】
海外競馬情報
2009年04月17日  - No.8 - 2

トート社、競馬場にプール賭事の提携強化を提案(イギリス)【開催・運営】


 トート社(Tote)は競馬場に対して、これまで以上にプール賭事 (パリミューチュエル賭事)で提携し、お互いにビジネスチャンスを生み出そうと提案した。この提携強化により、1年目には110万ポンド(約1億8700 万円)、3年目には260万ポンド(約4億4200万円)以上の利益がもたらされると見込んでいる。

 競馬場は“賭事パートナー”としてトート社と正式に提携すると、プール賭事の利益の一定割合を受け取る資格を得る。その利益には成長しつつある場外馬券 発売、具体的にはトートダイレクト社(Tote Direct トート社の完全子会社)を通して受け付けるインターネット賭事および海外賭事による利益も含まれる。

 トート社の最高経営責任者トレヴァー・ボーモント(Trevor Beaumont)氏は2月25日、この提携はトート社にとって新機軸であり、競馬場には新たなビジネスチャンスとなると述べた。これに先駆け、同氏はトート社のマイク・スミス(Mike Smith)会長とともに、ロンドンに集まった競馬場代表者たちにこの提案を発表した。その提案概要は次のとおりである。(1) すべての競馬場は従来どおり、自場で行われるレースであろうと他場で行われるレースであろうと、自場で行われるプール賭事から現行の割合で拠出金[訳注:プール賭事売上げに比例する報奨金と競馬場の設備投資に対する補助金からなる]の支払いを受ける。(2) それに加えて、2009-10年以降、トート社の2008-09年を上回る利益があった場合その半分が当該競馬場に配分される。

 また一方、トート社と提携関係を結んだ競馬場は、そのプール賭事を積極的に営業し販売促進することで、プール賭事の場外の売上げからも利益配分を受け る。トート社のプール賭事売上げに占める場外売上げの割合は2005年に53%であったのが2008年には68%まで増加している。競馬場に支払われるス ポンサー料は3年間現行レベルで据え置かれる。

 ボーモント氏は次のように語った。「競馬場とトート社は多くの問題に直面していますが、プール賭事の場内馬券発売の粗利益は対前年比で一貫して増加して おり、また賭事客の1回あたり購入額の平均は2005年の8.12ポンド(約1380円)から2008年には8.72ポンド(約1482円)に増加してい ます」。

 「また、場外馬券発売のプール賭事は、2005年には1億3500万ポンド(約229億5000万円)であったのが2008年には1億8900万ポンド(約321億3000万円)となり、過去4年間に売上げが40%成長しました」。

 「このようにトート社のプール賭事は、場内馬券発売と場外馬券発売のいずれでも成長を続けています。この提案が実行された場合、トート社と提携する競馬 場は、プール賭事の成長の恩恵をトート社とともに享受できます。その提携関係は、競馬場の意欲を高め、成果に応じて奨励金を支払うことを基本としていま す」。

 ボーモント氏は、(1)賭事プール売上げから個々の競馬場に支払われる拠出金に関する現行の仕組みには影響しない。(2) また、競馬場の映像権にも影響が及ぶことはないと明言した。

 同氏は、「海外賭事売上げを伸ばすために新たな賭事商品やサービスに投資する場合に報奨金を支払います。しかし、競馬場がレーシングUK社 (Racing UK)やアットザレーシズ社(At The Races)と取引している既存のメディア権に興味はありません」と語った。

 ボーモント氏は、「提案は“一方通行”ではなく、競馬場にはトート賭事の販売と販売促進が求められます。販売促進の方法は、(1) 永続的なブランド化、(2) 放送メディアを利用し対象を特定した宣伝および (3) 賭事プールのトピック情報の提供です。エイントリー競馬場が一例ですが、当社とトート賭事で提携した競馬場の利益が増大するのを目の当たりにしました。同競馬場でのトート社の賭事売上げは前年比11%増でした」と述べた。

 政府は2008年秋にトート社の売却計画を凍結した。トート社はこれを受けて運営方針を見直し、その一環として競馬場に対する新戦略を打ち出したのだ。

 ボーモント氏は、「トート社は法律の規定により独立した団体として存続することとなり、政府との関係がはっきりしました。そこで、当社は改善と発展に関 する明確な目標を立てて、斬新な事業計画を策定しました。この計画には、当社の改善と発展のためにはプール賭事を最大限に活用することが必要と明記しまし た。共通の利益のために競馬界と密接に提携することが必要となっています」と語った。

 

By Howard Wright
(1ポンド=約170円)

(関連記事)海外競馬ニュース2008年No.45
「世界的な経済混乱からトート社の売却計画は凍結 (イギリス)」


[Racing Post 2009年2月26日「Tote to offer racecourses partnership betting deal」]


上に戻る