EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 国際トート通信手順標準化委員会、改訂版システムを採用(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2009年01月23日  - No.2 - 2

国際トート通信手順標準化委員会、改訂版システムを採用(アメリカ)【開催・運営】


 国際トート通信手順標準化委員会(International Tote Protocol Standards Committee:ITPSC)は12月9日の第2回年次総会において、国際トートシステムのオンライン通信手順バージョン6.0を採用することを承認 した。

 (訳注)オンライン通信手順とは、ネットワークを介してコンピュータ同士が通信を行う上で、相互に決められた約束事の集合。

 サラブレッド競馬保安協会(Thoroughbred Racing Protective Bureau)の賭事分析担当理事J・カーティス・リネル(J. Curtis Linnell)氏は、北米の競馬は2009年第3四半期までに最新バージョン6.0を導入するだろうと述べた。この措置により賭事客は公正が確保され安 心して賭事を行うことができ、賭事に関する商品と情報がさらに豊富になるだろう。

 バージョン6.0は、異なった賭事業者が異なるタイプの賭事(馬券)を提供することを可能にする。ただし、ニューヨーク競馬協会(New York Racing Association)が提供しているグランドスラム賭事は、1〜3レース目の複勝と4レース目の単勝を連続して的中させなければならず、すべての賭事 業者の発売システムがこれに対応できるわけではないので、この賭事は米国内で全国展開できない。

 公正確保の観点から見ると、バージョン6.0は通信障害を見つけるのに要する時間を短縮する。現在の通信手順では、障害を見つけるのに45秒もの長い時 間が掛かり、ホストコンピュータで発売を締切っても、レースの発走後も賭事プールを開いたままにする事態を及ぼすこともあった。新バージョンは6秒以内に 障害を検出する。

 リネル氏は、初年度には各国・地域の代表31人で構成されていたITPSCは、今年42人に拡大されたと語った。同氏はまた、12ヵ国からの参加者が1年間を通して意見交換できたことについてジョッキークラブに謝意を述べた。

 

By Ed DeRosa


[thoroughbredtimes.com 2008年12月10日「International Tote Protocol adopts version 6.0」]


上に戻る