EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > サリックスの肺出血予防効果に関する研究(アメリカ)【獣医・診療】
海外競馬情報
2009年07月31日  - No.15 - 2

サリックスの肺出血予防効果に関する研究(アメリカ)【獣医・診療】


 競走当日におけるサリックス(Salix)の使用は運動誘発性肺出血(exercise-induced pulmonary hemorrhage: EIPH)を減少させ、サラブレッドの保健福祉に寄与するという、世界的に薬物規制への影響が予想される研究結果が公表された。

 サリックスは利尿剤フロセミド(diuretic furosemide)の商品名であり、以前はラシックス(Lasix)という商品名で販売されていた。サリックスの総合的な研究は、2007年に南アフ リカでサラブレッドの現役競走馬167頭を対象として実施された。その結果は米国獣医師会雑誌(Journal of the American Veterinary Medical Association)で発表される予定である。

 論文『サラブレッド競走馬の運動誘発性肺出血予防に関するフロセミドの 有効性(Efficacy of furosemide for prevention of exercise-induced pulmonary hemorrhage in Thoroughbred racehorses)』の共著者でメルボルン大学獣医科学部の学部長のケネス・ヒンチクリフ(Kenneth Hinchcliff, Ph.D.)博士は、「馬へのフロセミド投与の規制のあり方について議論が激化しています。この研究結果は、議論を進めるうえで最も信頼性のある情報とな ります」と述べた。

 この論文の他の共著者は、コロラド州立大学のポール・モーレー(Paul Morley, Ph.D.)博士と、南アフリカのプレトリア大学のアラン・ガスリー(Alan Guthrie)博士である。

 米国ではサリックスは競走当日に広く使われているが、使用の理由とされる肺出血防止への有効性については、米国内でも国際的にも議論が続いている。

 ヒンチクリフ博士は、「これまで、議論に役立つ有力な証拠が乏しかった のです。今回の研究結果はもっとも有力な証拠になります。フロセミドが競走能力向上と関係があること、EIPHが競走成績に著しく影響することは分かって います。しかし、3連単の3頭目ともいうべき最も重要な第3の問題、つまりフロセミドにEIPH予防効果があるかという問題については、未解明でした。今 その答えが分かったのです」と語った。

 この研究の結果は、国際競馬統轄機関連盟(International Federation of Horseracing Authorities)の禁止薬物に関する諮問委員会(Advisory Council on Prohibited Substances)の調査審議への影響が予想される。アメリカ大陸では南米のいくつかの国やカナダの一部で、競走当日のフロセミド使用は禁止されてい る。

 この研究の概要は次のとおりである。各馬は2度出走し、一方の競走は競 走前にフロセミドを投与され、もう一方の競走はプラセボ(偽薬)を投与される。EIPHの発症率は、プラセボ投与後に出走した馬が、フロセミド投与後に出 走した馬に対して3〜11倍であった。しかもプラセボ投与後にEIPHを発症した馬の約3分の2はフロセミド治療によりEIPHが軽減された。

 モーレー博士は、「本研究手法はヒト医学における治療有効性の検証方法に類似しています。従来このような研究手法は獣医学においては稀でした。私たちはこの研究が競走中の馬への薬物の有効性に関する研究として類のないものであると確信しています」と語った。

 この研究が世界中のフロセミドの規制に影響を与える可能性は極めて高いだろう。

 論文の著者たちは、「競馬統轄機関はフロセミド使用に対する方針を再検 討することになるでしょう。しかし、競走当日のフロセミド使用を許可するか否かは、多くの検討要素のバランスを考慮しつつ決定されるべきです。この複雑な 問題を解決するには多少時間がかかるでしょう」と述べた。

 「英国、香港、オーストラリアおよび南アフリカのような現在競走当日の フロセミド使用を認めない国にとって、大きな課題となるでしょう。彼らが直面する課題は、競馬における薬物ゼロのルールと、EIPHの発症の予防・減少と いう動物愛護との釣り合いを保つことです。加えて、競走当日のフロセミド投与の導入は競馬にとってはかなりのコスト増になります」。

 この研究はグレイソン=ジョッキークラブ基金(Grayson- Jockey Club Research Foundation)、薬物規制標準化委員会(Racing Medication and Testing Consortium)および南アフリカの競馬関係団体からの助成金を得ている。

 

By Frank Angst


[thoroughbredtimes.com 2009年6月29日「Study shows Salix reduces bleeding in racehorses」]


上に戻る