EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > チャーチルダウンズ競馬場の夜間開催、若年層に人気(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2009年07月31日  - No.15 - 1

チャーチルダウンズ競馬場の夜間開催、若年層に人気(アメリカ)【開催・運営】


 夜は、今や、チャーチルダウンズ競馬場にとってチャンスである。

 ルイビルにある同競馬場は、6月19日(金)の夜間開催初日に2万8011人の大観衆を集め、ケンタッキーダービー週間以外の開催としては記録的な入場 者数となった。観衆の大部分は35歳未満の若者で、男女の割合はほぼ半々であった。彼らはまさに競馬場が集客拡大のターゲットとしている年齢層である。

 最近のチャーチルダウンズ競馬場における金曜日の入場者数は、ケンタッキーオークス(G1)を別として、平均で約7500人であったことから、夜間開催の集客効果は歴然である。

 第1レースは午後6時、気温32℃の中で始まった。競馬場は普段と趣きを変えて、1階全体とパドック付近にテーブルとラウンジチェアを並べ、ビーチの風情を醸し出した。

 コネチカット州オールドライムからやってきた30歳のダン・デビアジ氏は、これまでにチャーチルダウンズで3回競馬を観戦したことがある。同氏は、「以 前昼間に来た時とは趣きがまったく違います。人々は週末の夜のイベントを求めています。夜間開催は話題を呼ぶでしょう」と語った。

 とっぷりと日の暮れたあとの第8競走は、ファイナルコピー(Final Copy)が制した。優勝したロビー・アルバラード(Robby Albarado)騎手は、仮設の照明施設でも明るさは十分だったと語った。競馬場の実況アナウンサーであるマーク・ジョンソン(Mark Johnson)氏は新しい時代の幕開けを直感した。

 馬券が的中したファンのひとりは、「レッツ・メイク・ア・ディール」(訳注:米国などで放映されたテレビのクイズ番組名)と叫んで喜びを表していた。彼 は100ドル(約1万円)を次のレースのためにとって置いて、1000ドル(約10万円)をオッズ2.4倍の一番人気に賭けて2400ドル(約24万円) を勝ちとったのだ。

 地元ルイビルから来た26歳のブランドン・ギルモア氏と22歳のジャクリーヌ・バックラー氏は、飲食エリアが非常に混んで、ビールや食べ物を買うのに 30分も列にならんだ。ギルモア氏は、「飲食エリアはかなり準備不足でした。競馬場はこれほどの大観衆を予想してなかったのでしょう。それでも全般にとて も楽しく過ごせました」と述べた。バックラー氏も、「夜間開催の雰囲気は普段と違っていてとても素敵でした」と補足した。

 当日の入場料は10ドル(約1000円)で、一晩中、生バンドの演奏が色を添えた。

 チャーチルダウンズ競馬場は6月26日(金)と7月2日(木)にも夜間開催を予定している。


3日間の総動員数8万9115人の大成功

 チャーチルダウンズ競馬場における史上初の夜間競馬の実験的開催は、3日間で8万9115人を集めるという大成功を収めた。

 “日没後のダウンズ(Downs After Dark)”開催は、初日の6月19日(金)に2万8011人を、2日目の6月26日(金)に2万7623人を集めた。最終日の7月2日(木)の入場者数 は3万3481人となり、3日間のうち最多であった。この3日目の数字は、ケンタッキーダービー(G1)、ケンタッキーオークス(G1)、ブリーダーズ カップ(G1)は別として、同競馬場の観客動員数の記録更新となった。これまでの記録は、1987年11月17日にピック6(pick six)のキャリーオーバーが100万ドル(約1億円)に達したときの2万8396人であった。初日は暑さの中で飲食エリアに長い行列ができたが、2日目 には飲食エリアの人員を増やし対応した。

 バフ・ブラッドリー(Buff Bradley)調教師は2日目も盛況に終わったことを受け、「大変気に入りました。最初の2日間でこれほどの大観衆が集まると思いませんでした。金曜夜 の目新しい記憶が続くかぎり、これからも人々の関心を惹きつけるでしょう。“チャーチルダウンズで会おうよ”と言っている人達の様子が目に浮かぶようで す。その言葉どおり、多くの人々に是非体験して貰いたい素晴らしいイベントです」と語った。

 スティーヴ・ペンロッド(Steve Penrod)調教師は、「夜間開催は妙手です。仮設であった照明施設も常設されるでしょう。夜間開催がイベントとして定着すれば喜ばしいことです。昨夜 は天気も良く完璧でした。初めての夜間開催はとても見ごたえがありました」と語った。

 

By Frank Angst
(1ドル=約100円)


[Thoroughbred Times 2009年6月27日「Night racing at Churchill attracts younger demographic」]
[thoroughbredtimes.com 2009年7月3日「‘Downs After Dark’draws 89,115 for three nights of racing」]


上に戻る