EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > エリスパーク競馬場、映像配信拒否にともなう閉鎖を回避(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2008年08月01日  - No.15 - 2

エリスパーク競馬場、映像配信拒否にともなう閉鎖を回避(アメリカ)【開催・運営】


 6月29日、ケンタッキーホースメンズ共済協会(Kentucky Horsemen’s Benevolent and Protective Association: KHBPA)は、ケンタッキーのヘンダーゾンにあるエリスパーク競馬場の所有者ロン・ギアリー(Ron Geary)氏に、同場から電話投票(advance-deposit wagering: ADW)運営業者への映像配信を阻止することを書簡で通知していた。

 このところ、ケンタッキー州ばかりでなくフロリダ州やテキサス州などのホースマンが、レース映像配信によるADWからの利益の配分増を要求し、ADWへの映像配信を拒否しているのだ。

 ギアリー氏は、「エリスパーク競馬場の長期的な活力は、テレビジョン・ゲームズ・ネットワーク社(Television Games Network: TVG)やホースレーシングTV社(Horse Racing TV: HRTV)を含むすべてのADW運営業者への映像配信ができるかどうかにかかっており、映像配信についてはすでに交渉を始めています」と述べた。

 同氏は7月1日、エリスパーク競馬場のADW運営業者向けの競馬映像配信がホースマンたちにより阻止されないよう、ケンタッキー州オーウェンボロの連邦裁判所に差止請求を申し立てたが、同裁判所は7月2日、差止請求を出す事について消極的な判断を下した。エリスパーク競馬場は7月4日に開催を開始する予定であったが、ギアリー氏はこの判断を受けて、競馬場の閉鎖を決定した。これによりケンタッキーの夏の競馬スケジュールに大きな空白が生じる恐れがあった。

 しかし、7月5日、幸いにも7月11日から競馬を開催することに関するギアリー氏とKHBPAとの合意が成立した。その合意事項には、競馬場は次の(1)または(2)のいずれか大きい金額を、エリスパーク競馬場の賞金に拠出することが含まれる。 この結果拠出額はこれまでの約3倍となる。競馬場の職員はこれより開催後半のレースでは賞金が増額されるだろうと述べた。

 

  1. ADW売上げ金額の6%
  2. ADW運営業者を通じた賭けの控除金額の3分の1

 また、ホースマンたちはエリスパーク競馬場で施行される全レースをTVG、HRTVを含むすべてのADW運営業者に映像を配信する事に合意した。

 エリスパーク競馬場はこの合意により週5日開催をするほか、中止された5日間のレースを埋め合わせる事ができる。

[thoroughbredtimes.com 2008年7月5日「Ellis Park, Kentucky horsemen reach agreement」]


上に戻る