EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > コンピューター賭け、ポーカーは禁止し競馬は許容する(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2008年05月23日  - No.10 - 1

コンピューター賭け、ポーカーは禁止し競馬は許容する(アメリカ)【開催・運営】


 ポーカー賭博客の多くはコンピュータープログラムを相手に勝負することを好まない。

 米国の大多数の競馬場とは違い、インターネットポーカーのウェブサイトは賭博客のこのような拒否反応を尊重し、コンピュータープログラム、いわゆる “ポーカーボッツ(poker bots)”を使った勝負を阻止する措置を講じている。この措置とは、ポーカーボッツによる利益を取り消すようにサイトが設計されていることである。コンピューター投票(computer-robotic wagering: CRW)とは、コンピューターによる予想プログラムによって迅速に多額の賭けを行うというものであって、パリミューチュエル方式で賭事を行っている競馬場 は、大抵これを許容している。

 ポーカースターズ(PokerStars)やフルティルトポーカー(Full Tilt Poker)ような主要インターネットポーカーサイトを見れば、賭博客は近年開発されたゲームボット(Gamebot)、ポーカーボット(PokerBot)、ウィンホールデム(WinHoldem)が禁止されていることに気づくはずだ。

 ポーカースターズのサイトには、「このサイトでは、無制限に“ロボット”などの人工知能を利用することは、厳重に禁じられています」と記されている。さらに、ポーカースターズはこのような“ロボット”を捜し出し、それらを利用する賭博客を締め出している。

 一方フルティルトポーカーサイトは、コンピューターが不正な利益をもたらすことを強く主張し、禁止している。

 フルティルトポーカーは声明の中で、「確率や賭博客の賭けの傾向といった変動しやすい要素を基にして、有利な賭けを行うために特別にプログラムされる可能性があります。このような活動が不正な利益をもたらし、我々の顧客の最善の利益に反していると考えます」と述べた。

 ポーカーとパリミューチュエル方式はいずれも、賭事客が賭金をお互いに取合うことを特色とするが、競馬場は概してCRWを容認し、世界で最も大口の馬券購入者の数人はこの技術を利用している。

 海外リベートショップのレーシング・アンド・ゲーミングサービス社(Racing and Gaming Services)では数人の顧客がCRWを利用しており、同社のジョン・ブルックス(John Brooks)会長は、「この技術を拒むことは、競馬にとって最善策とは言えないでしょう。この技術を利用する顧客だからといって、一旦行った賭事を取り消したり、一般的には利用が可能ではない情報にアクセスすることができる訳ではありません」と付言した。

 ブルックス会長は、多くの会員制電話投票サイト(advance-deposit wagering)が最後尾賭事(batch wagering)のような目玉商品を提供しており、誰もがこのような目玉商品にアクセスできるようにすることで賭事機会をわずかながら均等にしていると述べた。最後尾賭事では、多額の賭金が一瞬のうちに賭事プールに送られる。ブルックス氏は、「現在、賭事客のほぼ全員が画面上で一番最後に賭けを行う者になりえます」と述べた。

 タンパベイダウンズ競馬場は、米国においてその賭事プールでCRWを利用することを禁じている数少ない競馬場の1つで、この措置に満足している人もいる。

 タンパベイダウンズ競馬場の最高経営責任者ピーター・ベルベ(Peter Berube)氏は、「賭事客の運営するインターネットサイト(ペースアドヴァンテージなど)への投稿には、CRW利用禁止について肯定的な評価をしているものもあります」と述べた。

 大半の競馬場は、CRWの利用を容認し、CRWでかなり大きな売上げをあげていることを認めている。一方ポーカーサイト運営者は、従来なかったポーカーボッツを認めれば、長い目で見て人間的な賭博客の多くを失うことにつながると信じている。

 フルティルトポーカーの広報担当は、「私は個人的に、毎日賭博客からポーカーボッツを懸念する多くのEメールを受け取ります。回答メールでは、私たちがコンピュータープログラム利用者を積極的に探し出していることを、全ての賭博客に対して断言しています。このようなプログラムが存在するかぎり、私たちはその利用を大目に見ることはありませんし、当社ではそれらが使われないようあらゆる措置を取ります」と述べた。

By Frank Angst

[Thoroughbred Times 4月12日「Racing industry generally accepts robotics while poker shuns practice」]


上に戻る