EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 名牝ウィンクスは2019年も現役続行(オーストラリア)[その他]
海外競馬ニュース
2019年01月10日  - No.1 - 2

名牝ウィンクスは2019年も現役続行(オーストラリア)[その他]


 豪州の驚異的な牝馬ウィンクスは2019年も現役を続行することを、関係者は認めているが、同馬が渡英してロイヤルアスコット開催に参戦する計画はない。

 ウィンクス(父ストリートクライ)は過去29戦を全勝している(うちG122勝)。直近では、10月に史上初のコックスプレート(G1 ムーニーバレー競馬場)4連覇を達成し、歴史を塗り替えた。

 クリス・ウォラー(Chris Waller)調教師は1221日、ウィンクスが216日のスターアポロSG2 ランドウィック競馬場)から始動する予定を明らかにし、"現役続行"という歓迎すべきニュースを発表した。

 豪州競馬界の女王は、これまで2連勝している4月のクイーンエリザベスSG1)で2018/19年シーズンを締め括るつもりである。またその前に、4連勝がかかっているチッピングノートンSG1)とジョージライダーSG1)に出走する見込み。

 ウォラー調教師はこう語った。「ウィンクスは私たちや多くのファンに、その実力をすべて証明してくれました。彼女が少し年を取ったことは重々承知していますが、現在心身ともに最高の状態です。もし健康状態や精神状態に満足の行かない部分があれば、引退させていたでしょう」。

 「まだどのレースに出走するかは確約できませんが、2月のアポロSで始動してこれまでのルーティンを辿ることは理にかなっています。4レースを順調にこなすことができるとすれば、クイーンエリザベスSがクライマックスとなるでしょう」。

 「これら全てのレースに必ず出走するわけではないと強調しておかなければなりません。とくに過去2シーズンがそうであったように、彼女の状態をレースごとに評価したいと思っています。3回目のコックスプレート挑戦や2回目のクイーンエリザベスS挑戦、そして4回目のコックスプレート挑戦を決めるときでさえも、前走で評価していました」。

 クラックスマン(Cracksman)とともに世界最高レーティング馬とされているウィンクスが2019年も現役を続行することが確認されたことで、ウィンクスの海外遠征に期待が高まるかもしれない。しかし、ウォラー調教師はその可能性を否定してこう語った。

 「海外のさまざまな競馬団体から多くの勧誘があるでしょう。その中には多くの魅力的なレースがあると思います。しかし、私たちはこれまでどおりウィンクスのキャリアをシンプルに保っていくつもりです。それこそが彼女の競走生活を長くした秘訣であり、私たちが誇りに思っていることです」。

By James Burn


Racing Post 20181226Wondermare Winx back for more in 2019 but trip to Royal Ascot not on agenda」]


上に戻る