EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 英愛ダービーと凱旋門賞を制したシンダーが21歳で死亡(アイルランド)[生産]
海外競馬ニュース
2018年11月29日  - No.46 - 2

英愛ダービーと凱旋門賞を制したシンダーが21歳で死亡(アイルランド)[生産]


 2000年に3歳で英ダービー(G1)・愛ダービー(G1)・凱旋門賞(G1)を制した傑出馬シンダー(Sinndar)は、21歳で死んだ。

  シンダーを手掛けた名伯楽ジョン・オックス(John Oxx)調教師は、凱旋門賞優勝の後にこう語っていた。

 「シンダーは、2000年凱旋門賞を制するのにふさわしい偉大な馬です。凱旋門賞優勝馬のレベルを高めました。今後、このレースに出走する馬がそのレベルを満たすのはかなり難しくなるでしょう。シンダーは2099年になっても語り継がれているであろう傑出馬です」。

 シンダーは、アガ・カーン殿下により生産・所有された。通算成績8戦7勝(G1・4勝)。8戦すべてにおいてジョン・ムルタ(John Murtagh)騎手が手綱を取った。

 シンダーは、2歳シーズンの9月にデビュー戦を勝利で飾った。そして2戦目のナショナルS(G1)においてマラウィー(Murawwi)に果敢に挑んで頭差で優勝し、その底知れない才能を見せつけた。

 唯一の敗北を喫したのは、3歳シーズンの初戦となったバリーサックスS(L)においてである。シンダーは優勝馬グランドフィナーレ(Grand Finale)よりも7ポンド(約3.2kg)重い負担重量を背負わされていた。しかし、その次に出走したダービートライアルS(G3)を制したことで、すぐに名誉を回復した。

 シンダーはそれ以降、負け知らずだった。英ダービーと愛ダービーで優勝し、2着馬との着差は合計して10馬身となった。

 英ダービーには単勝8倍の4番人気で臨んだが、残り2ハロンのあたりでサキー(Sakhee)の外側を走っている時にはもう勝てないような雰囲気が漂っていた。しかし、シンダーは最終的にこのライバルを退け、決定的な1馬身差で優勝した。

 その次のレースとなった愛ダービーでは、強敵がいなかったものの、シンダーは自己最高のレーシングポストレーティング(RPR)132を獲得する。同馬はこのレースを9馬身差で制した。

 ニエル賞(G2)も余裕の8馬身差で制した後、シンダーはその競走生活の最後を凱旋門賞優勝で飾った。凱旋門賞では、自らの競走生活における特徴、すなわち有り余る気品や確固たる決断力を出し切った。シンダーは、エジプトバンド(Egyptband)、ヴォルヴォレッタ(Volvoreta)、モンジューなどを下し、1½馬身差の優勝を果たした。同馬を勝利に導いたムルタ騎手は、「シンダーを追い抜ける馬はいないでしょう。スピードがあり、よく持ちこたえ、強い心臓を持っています。最強馬であり、真のチャンピオンです」と語った。

 シンダーは引退した翌年から5年間、アガ・カーン殿下のアイルランドの牧場ギルタウンスタッド(Gilltown Stud)で種牡馬として過ごした。初年度種付料は3万アイルランドポンド。その後、同殿下がフランスに所有するボンヌヴァル牧場(Haras de Bonneval)に移動し、10年間供用された。

 そして、リオンダンジェの国立種馬場でさらに2年間供用されて種牡馬を引退した。種牡馬生活において、G1優勝馬となるアガ・カーン殿下の自家生産馬3頭を送り出した。それは、ロザナラ(Rosanara)、シャレータ(Shareta)、シャワンダ(Shawanda)である。しかし、シンダーはユームザイン(Youmzain)の父馬として最も記憶に残るだろう。ユームザインは凱旋門賞で3年連続2着となったG1・2勝馬である。

 シンダーは種牡馬として活躍したが、ブルードメアサイアーとして一層その名を血統に残すだろう。同馬はブルードメアサイアーとして、愛ダービー馬トレーディングレザー(Trading Leather)、セントレジャーS(G1)優勝馬エンキー(Encke)、BCジュベナイルフィリーズターフ(G1)・仏1000ギニー(G1)優勝馬フロティヤ(Flotilla)などを出している。

 最優秀2歳牡馬グランドロッジ(Grand Lodge)の最高傑作であるシンダーは、リステッド勝馬で9頭の仔を出しているシンタラ(Sinntara 父ラシュカリ)を母とする。そのファミリー(牝系)は、マリーズダイアモンド(Marie's Diamond シンタラの曾孫)が今年アングルシーS(G3)を制したこともあり、活発であり続けている。

 シンダーは2017年種付シーズン終了後に種牡馬を引退し、ウイイ牧場(Haras d'Ouilly)に繋養されていた。同馬のファイナルクロップ(最後の世代の産駒)は今年前半に生まれている。

46-2.jpg

By James Thomas

[Racing Post 2018年11月26日

「Dual Derby and Prix de l'Arc de Triomphe hero Sinndar dies aged 21」]


上に戻る