EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > アイルハヴアナザー、日本から米国に帰国(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2018年11月15日  - No.44 - 3

アイルハヴアナザー、日本から米国に帰国(アメリカ)[生産]


 2012年に米国二冠(ケンタッキーダービー&プリークネスS優勝)を達成し最優秀3歳牡馬となったアイルハヴアナザー(父フラワーアレー)は、日本から米国へ帰国した。同馬は2019年種付シーズンにバレナビスタファーム(Ballena Vista Farm カリフォルニア州ラモナ近く)で供用される。米国での最初の種付料は6,000ドル(約69万円)。

 アイルハヴアナザーは現役時代、J・ポール・レッダム(J. Paul Reddam)氏に所有された。ビッグレッドファームに1,000万ドルで購買され、北海道の同ファームで5年間供用された。日本では、2016年ファーストクロップサイアーランキングで2位となった。

 この種牡馬を購買したバレナビスタファームのオーナーであるドナルド・コーン(Donald Cohn)氏はこう語った。「私は二冠馬アイルハヴアナザーを米国に連れ戻そうと本気で考えました。なぜなら、それは私がこれまでサラブレッド産業で行ったことの中で一番満足でき、最高のことであるように思えたからです。見事なお手本のような馬で、本物のチャンピオンです。カリフォルニア州でこれほどの馬を供用できるチャンスはこれまでありませんでした」。

 ダグ・オニール(Doug O'Neill)調教師は、三冠達成のためにアイルハヴアナザーをベルモントパーク競馬場に輸送した。しかし同馬は"腱の断裂"と診断され、ベルモントSG1)への出走は取り消され、すぐに引退が決定された。

 オニール調教師はこう振り返った。「アイルハヴアナザーは勇猛果敢な馬でした。その競争本能、豊富なエネルギー、驚くべきストライド(完歩)で二冠を達成し、最優秀3歳牡馬に選ばれました」。

 アイルハヴアナザーは、通算成績75勝(21回)、獲得賞金2693,600ドル(約3976万円)で引退した。2歳シーズンでは73日にハリウッドパーク競馬場で未勝利戦を制し、ベストパルSG2)ではクリエイティヴコーズ(Creative Cause)の2着となった。3歳シーズンではケンタッキーダービー(G1)とプリークネスSG1)のほかに、サンタアニタダービー(G1)とロバートBルイスSG2)も制して無敗を貫き、2012年最優秀3歳牡馬に選出された。

 同馬は種牡馬として勝馬118頭を送り出し、その中には函館2SG32着のウインジェルベーラ、アルテミスSG33着のシグルーンがいる。

 アイルハヴアナザーは、ケンタッキー州でハーヴェイ・クラーク(Harvey Clarke)氏により生産された。同馬の母アーチズギャルエディス(Arch's Gal Edith 父アーチ)の2代母はステークス3着内馬ラストコーズ(Last Cause)。ラストコーズの半姉ワンラストバード(One Last Bird)はスペンドスリフトファーム(Spendthrift Farm)のトップサイアーであるイントゥミスチーフ(Into Mischief)の3代母にあたる。

By Eric Mitchell

1ドル=約115円)


(関連記事)海外競馬ニュース
2012No.30アイルハヴアナザーは売却額1000万ドルでビッグレッドファームへ(アメリカ)

bloodhorse.com 2018116日「I'll Have Another Returns to U.S. from Japan」]


上に戻る