EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 伝説的女性トレーナーのウォーターハウス調教師が殿堂入り(オーストラリア)[その他]
海外競馬ニュース
2018年10月18日  - No.40 - 1

伝説的女性トレーナーのウォーターハウス調教師が殿堂入り(オーストラリア)[その他]


 ガイ・ウォーターハウス(Gai Waterhouse)調教師(64歳)の画期的なキャリアは、10月11日(木)にスポーツ・オーストラリア(Sport Australia)の殿堂入りを果たすことで、改めて評価されるだろう。

 同調教師はすでに殿堂入りしている父のトミー・スミス(Tommy Smith)氏に加わる。父娘がともに殿堂入りするのは史上初である。

 ウォーターハウス調教師は、168年の豪州競馬史において5人目の殿堂入りトレーナーである。これまでに、バート・カミングス(Bart Cummings)調教師、エティエンヌ・ド・メストル(Etienne de Mestre)調教師、トミー・スミス調教師、コリン・ヘイズ(Colin Hayes)調教師が殿堂入りしている。

 スポーツ・オーストラリアの殿堂入りは、運営、指導/調教、メディア、科学などの面で豪州のスポーツを支え、卓越性と傑出した功績を示した人々を評価するために設立された。

 ウォーターハウス調教師はこの栄誉についてこう語った。「生涯の夢が叶いました。まだ調教活動を続けていますが、今の段階でこのような評価を受けたのは特別なことです。父とともに殿堂入りできたことは、非常に大きな意味を持ちます」。

 「父が天からこちらを見下ろして、喜んでいることでしょう。そしておそらく"機が熟したのだ"と言っているでしょう。母とともにここにいて、一緒に今回の殿堂入りを祝えたらどれだけ幸せだったかと思っているに違いありませんが、私はまだ彼らの精神がここにいるのを感じています」。

 20年以上のキャリアにおいて7,000勝以上を挙げているウォーターハウス調教師は、シドニーでの1シーズン最多勝記録156勝(父スミス氏とタイ)や、G1・138勝、シドニーでのリーディングタイトル7回獲得などの偉業を達成している。

 2013年に管理馬フィオレンテ(Fiorente)がメルボルンカップ(G1)で優勝したことで、ウォーターハウス調教師は豪州女性トレーナーとして初めてこのビッグレースを制した。なお、女性トレーナーとしては2人目である。

 ウォーターハウス調教師は調教師生活を始めるのにとても苦労した。というのも、オーストラリアンジョッキークラブから免許を取得するのに法廷で争わなければならなかったからだ。最終的にウォーターハウス調教師は勝訴し、反差別法には"ウォーターハウス修正案"が盛り込まれることになった。

 1992年についに調教師免許が付与されると、同調教師はすぐに躍進し、その年のうちにメトロポリタンH(G1)をテアカウニック(Te Akau Nick)が制して、G1優勝トレーナーとなった。

 ウォーターハウス調教師は1994年、健康を害した父トミー・スミス氏のタラクロッジ調教場(Tulloch Lodge Stable)を引き継ぎ、優秀な3歳牡馬ナッシンライカデイン(Nothin' Leica Dane)でヴィクトリアダービー(G1)を制した。その後同馬は、メルボルンカップで堂々2着に入った[1941年のスキップトン(Skipton)以来3歳馬がメルボルンカップで優勝したことはない]。

 ウォーターハウス調教師は1996-97年シーズンにG1・10勝を挙げ、シドニーのリーディングトレーナーとなった。2002-03年シーズンには父の記録に並ぶシドニー156勝を挙げ、この年から3シーズンにわたってリーディングタイトルを獲得した。

 同調教師は豪州でトップクラスのレースを何度も制し、数億豪ドルを関係者にもたらしている。しかし、本当に頂点に立ったのは2013年にフィオレンテがメルボルンカップを制したときである。

 ウォーターハウス調教師はこう語った。「生涯で最も重大な瞬間の1つです。メルボルンカップを実際に勝つまでは、それが人生を変えてしまうとは誰も実感しないものです。そう話している人もいましたが、"信じられない"と思っていました。しかし、実際に人生が変わってしまいました。最終的には満足していますが、メルボルンカップを勝つと驚くほど有名になってしまいます。他のレースではこのようなことはあり得ません」。

 殿堂入り選考委員会のロブ・デ・カステーリャ(Rob de Castella)会長はこう語った。「ウォーターハウス調教師は競馬界の状況を一変させた人物です。彼女の成功・経歴・活動は、ほかの誰よりも抜きん出ています」。

By Andrew Eddy/Racing.com

[Racing Post 2018年10月8日「Legendary trainer Gai Waterhouse inducted into Hall of Fame」]


上に戻る