EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 米国三冠馬ジャスティファイ、2019年種付料は約1650万円(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2018年09月27日  - No.37 - 1

米国三冠馬ジャスティファイ、2019年種付料は約1650万円(アメリカ)[生産]


 今年の米国三冠馬ジャスティファイ(Justify)はアシュフォードスタッド(Ashford Studケンタッキー州ヴァーサイルス)で種牡馬入りし、初年度種付料15万ドル(約1,650万円)で供用されると、クールモア・アメリカ社は9月23日に発表した。

 ジャスティファイの種付料は、アシュフォードスタッドの他の種牡馬の種付料と一緒に9月23日に明らかにされた。ただし、8月25日のトラヴァースS(G1)で2着となったメンデルスゾーン(Mendelssohn)の種付料については未定。2015年米国三冠馬アメリカンファラオ(American Pharoah)の2018年の種付料はプライベート価格だったが、2019年は11万ドル(約1,210万円)となる。

 アシュフォードスタッドのもう1頭の新種牡馬モータウン(Mo Town 父アンクルモー)は1万2,500ドル(約138万円)で供用される。同馬は現役時代に10戦し、2016年ラムゼンS(G2)、2017年ハリウッドダービー(芝G1)を制した。アンクルモー(Uncle Mo)の2019年の種付料は前年と同じ12万5,000ドル(約1,375万円)。

news_2018_37_01.PNG

By Jeremy Balan

(1ドル=約110円)

[bloodhorse.com 2018年9月23日「Justify's Stud Fee Set at $150,000 for 2019」]


上に戻る