EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > セクレタリアトの蹄鉄、約888万円で落札(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2018年08月23日  - No.32 - 4

セクレタリアトの蹄鉄、約888万円で落札(アメリカ)[その他]


 8月16日、1973年米国三冠馬セクレタリアト(Secretariat)がケンタッキーダービー(G1)でつけていた蹄鉄が、リランズ・コム社(Lelands.com)のネットオークションにおいて8万736ドル(約888万円)で落札された。これは蹄鉄の世界最高落札額であり、これまでの最高価格3万7,000ドル(約407万円)の倍以上である。

 この蹄鉄は、"ビッグレッド"の異名をとるセクレタリアトがケンタッキーダービーを2 ½馬身差で制した数日後に、ルシアン・ローリン(Lucien Laurin)調教師がセクレタリアトの馬主ペニー・チェネリー(Penny Chenery)氏の家族に贈ったものである。7月15日に出品され、オークションは8月17日に締め切られるまで1ヵ月以上続いた。閲覧件数は6,400件、入札件数は18件。

 リランズ・コム社のマイク・ヘフナー(Mike Heffner)会長はこう語った。「私たちは、セクレタリアトが1973年ケンタッキーダービーでつけたこの注目すべき蹄鉄は高い関心を呼び、高値がつくだろうと期待していました。しかし、これまでの最高価格の倍以上の額で落札されたのは、嬉しい驚きでした。この目を見張るような落札額は、スポーツ記念品コレクターの関心を、セクレタリアトにまつわる品々と競馬全般に引き付けるのではないかと思っています」。

 リランズ・コム社はチェネリー-トゥウィーディ家と連携し、今後数週間のうちに、メドウステーブル(Meadow Stable チェネリー家の厩舎)の保管品からのアイテムやペニー・チェネリー氏(2017年9月に死去)の個人的コレクションを出品する。

 "セクレタリアト・サマーオークション(secretariat.com)"では現在、以下のアイテムが出品されており、8月26日まで入札が受け付けられている。

― チェネリー-トゥウィーディ家が使用したケンタッキーダービーのクラブハウスボックス席チケットの半券。

― 1973年ケンタッキーダービーの公式プログラムと入場証リストバンド。

― チェネリー氏の米国ジョッキークラブのメンバー章ピン(チェネリー氏は、1983年に米国ジョッキークラブの初めての女性メンバーとなった)。

 "セクレタリアト・サマーオークション"の収益は、チェネリー氏が創設した非営利慈善団体セクレタリアト基金(Secretariat Foundation)に贈られる。この基金は、獣医学研究・リハビリ施設・競走馬の引退などの分野でサラブレッド産業を支援している。

 セクレタリアトは史上9頭目の米国三冠馬である(ケンタッキーダービー・プリークネスS・ベルモントSすべてをレコードタイムで制覇)。通算成績21戦16勝、獲得賞金は130万ドル(約1億4,300万円)以上。1974年に競馬殿堂入りを果たし、1989年に死亡。

By America's Best Racing

(1ドル=約110円)

(関連記事)海外競馬ニュース 2017年No.37「セクレタリアトの馬主ペニー・チェネリー氏が95歳で死去(アメリカ)

[bloodhorse.com 2018年8月20日「A Secretariat Derby Shoe Sells for Record Price」]


上に戻る