EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 猛暑のために7月の1レース当たりの平均出走頭数が減少(イギリス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2018年08月02日  - No.29 - 4

猛暑のために7月の1レース当たりの平均出走頭数が減少(イギリス)[開催・運営]


 7月25日(水)のバース競馬場への来場者は、最多でも全部で31頭の馬しか目にしないだろう。これは、長引く猛暑が競馬に影響を及ぼしているさらなる証拠となる。7月に1レース当たりの出走頭数が8頭を切ったのは、最近の記憶では初めてである。

 馬場状態は「硬(hard)」ではなく、引き続き「硬良(firm)」と発表されているが、バース競馬場にはスプリンクラーがないため、7月25日(水)に8頭以上のレースがないことは確実である。つまり、どのレースも複勝馬券において払戻しがない。

 このような状況は、バース競馬場・競馬界・ブックメーカーに経済的打撃を与えるだろう。ブックメーカーの1つは、バース競馬場の売上げが「かなり落ちる」と予測している。

 バース競馬場を所有するアリーナレーシング社(Arena Racing Campany:ARC)は、7月23日(月)の出馬投票が深刻なほど少なかったことから、BHA(英国競馬統轄機構)およびホースマンと会合を持った。そこで8月の4開催日の一部をオールウェザー競馬場に移す可能性について話し合われたが、結局、すべての日程をバース競馬場で開催することで決着した。

 7月25日(水)の開催(全7レース)は、第1競走がマッチレース(2頭立て)、3つのレースが4頭立てとなる。これにより、英国競馬全体の1レース当たりの平均出走頭数は確実に引き下げられる。

 2018年7月1日~22日の英国競馬全体の1レース当たりの平均出走頭数は7.83頭。これは2016年7月の8.95頭、2017年7月の8.58頭を下回る。

 平地の芝レースに限ればわずか7.36頭であり、2017年7月の8.60頭から大幅に減少している。一方、オールウェザーは2013年以来最多の10.08頭、障害は2017年の7.88頭を上回る8.22頭である。

 ARCのスポークスマンであるサム・コーン(Sam Cone)氏はこう語った。「バース競馬場の水曜日(7月25日)の開催への出馬投票が振るわなかった理由は分かっています。それに、このような少頭数のレースが多くの競馬ファンにとって魅力的ではないことも理解しています」。

 「バース競馬場の馬場は「硬良(firm)」のままですが、安全です。前開催の馬場状態とほぼ同じで、それは一貫性のあるゴーイングスティック(馬場状態測定器)の測定値によって確認されています。このような馬場を得意とする馬にチャンスを与えるためにも、引き続きBHAとともに状況を注意深く見守ります」。

 賭事業界によれば、複勝好きの馬券購入者はこのところ馬券を買い控えている。

 ベット365社(bet365)のパット・クーニー(Pat Cooney)氏はこう語った。「複勝馬券は大きな影響を受けています。バース競馬場にとって不幸中の幸いだったのは、全レースの出走頭数が8頭を下回っていることです。これにより、直前の出走取消のために複勝馬券の払戻しが突然なくなるという非常に恐ろしいケースが起こらずにすみます。最初からそのような心配はないわけですから」。

 「バース競馬場の売上げはかなり落ちるのは間違いありません。誰の過ちでもありませんが、水曜日なのはある意味幸運です。水曜日は他にも2場で午後開催があるからです。これが午後開催を2場でしか施行しない月曜日に起こっていたら、私たちは本当に窮地に追い込まれたでしょう」。

 クーニー氏はこう付言した。「土曜日にI​​TVで放映されるレースは十分に売上げが伸びる傾向にありますが、週中頃の売上げは一般的に下がります。馬券購入者は現在、あまり乗り気ではありません。それはおそらく、彼らが、急な出走取消がレースを変えてしまうことを普段よりも余計に恐れているからです。馬券購入者は8~9頭立て、あるいは16~17頭立てのレースの馬券を買おうかどうか検討しますが、出走取消のために複勝馬券の払戻しがなくなるようなケースが生じないか用心深くなっています」。

 BHAのスチュワート・ミドルトン(Stuart Middleton)競馬運営担当マネージャーはこう語った。「私たちは、長引く猛暑が関係者にもたらす難しい課題について認識しています。現時点までに、オールウェザー競馬場での開催を3日増やしたほか、オールウェザーの夜間開催の分割レースに関する制約を解除することで対応してきました。必要な場合にはさらに対策を講じるために、状況を見守り続けていきます」。


news_2018_29_01.PNG

By Lee Mottershead

[Racing Post 2018年7月23日「Average field sizes drop below eight as firm Bath attracts just 31 runners」]


上に戻る