EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ベテランジョッキーのアレックス・ソリス騎手が引退(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2017年12月14日  - No.49 - 3

ベテランジョッキーのアレックス・ソリス騎手が引退(アメリカ)[その他]


 アレックス・ソリス(Alex Solis)騎手(53歳)は11月最後の週末、引退を正式に発表した。カリフォルニア州を拠点とするベテランジョッキーであり、その長いキャリアにおいて5,000勝以上を挙げた。

 2014年に殿堂入りを果たしたソリス騎手は、2017年は8鞍にしか騎乗していない。さらに8月に腰の手術を受けたことで、7ヵ月間戦線を離脱している。

 ソリス騎手はブラッドホース誌に対してこう語った。「手術は成功しました。しかしこれまで考えたことがありませんでしたが、6~7ヵ月間騎乗しなかったことで、情熱を失いつつありました」。

 「騎乗しなければならないときは100%の力を出します。しかし、このように長い間戦線を離脱し、減量しなければならないことを考えると、気が滅入ります」。

 エクイベース社の統計によれば、ソリス騎手は北米で5,035勝を挙げた。同騎手は出身地パナマでそのキャリアをスタートしてリーディング見習騎手となった後、1982年にフロリダ州に移った。

 1986年プリークネスS(G1)をスノーチーフ(Snow Chief)で制して以来、三冠競走を制していない。しかし、2003年BCクラシック(G1)、2004年ドバイワールドカップ(G1)を制したプレザントリーパーフェクト(Pleasantly Perfect)とのコンビで国際的に有名である。ソリス騎手は、プレザントリーパーフェクトを管理したリチャード・マンデラ(Richard Mandella)調教師と長年協力関係にあった。

 通算G1・84勝(BC競走3勝を含む)を達成したソリス騎手は、プレザントリーパーフェクトのほかに、優秀なダート短距離馬コナゴールド(Kona Gold)や2003年BCターフでハイシャパラル(High Chaparral)と同着優勝を果たしたジョハー(Johar)とコンビを組んだ。

 またソリス騎手は1996年パシフィッククラシック(G1 デルマー競馬場)において、デアアンドゴー(Dare And Go マンデラ厩舎)でシガー(Cigar)の連勝を阻止したことで、"悪名"を轟かせた。

By Nicholas Godfrey

[Racing Post 2017年11月28日「Veteran US rider Solis announces retirement」]


上に戻る