EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ジョセフィン・ゴードン騎手、年間100勝を達成(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2017年12月07日  - No.48 - 1

ジョセフィン・ゴードン騎手、年間100勝を達成(イギリス)[その他]


 ジョセフィン・ゴードン(Josephine Gordon)騎手(24歳)は年間100勝を達成した。

 ゴードン騎手は11月24日夜、ウォルヴァーハンプトン競馬場の第1レース(未勝利戦)で自ら所属するヒューゴ・パーマー(Hugo Palmer)厩舎のサンダーボルトロックス(Thunderbolt Rocks)に騎乗した。そして単勝11倍の同馬を勝利に導き、ヘイリー・ターナー(Hayley Turner)騎手に続き英国で年間100勝を挙げた2人目の女性騎手となった。

 ターナー騎手は2008年12月、この金字塔を偶然にも同じ競馬場で打ち立てていた。ゴードン騎手は次に騎乗する11月29日に、ターナー騎手の記録を更新して101勝を達成するかもしれない。

 2015年6月にやっと2勝目を挙げたゴードン騎手にとって、これは目覚ましい偉業である。見習騎手を終えた翌年に年間100勝を挙げたことで、今や、同じ快挙を達成した偉大なライアン・ムーア騎手(2004年)やフランキー・デットーリ騎手(1990年)と肩を並べることとなった。

 この日は女性騎手にとって素晴しい日となった。昨年のリーディング見習騎手であるゴードン騎手がこの金字塔を打ち立てた日に、ホリー・ドイル(Hollie Doyle)騎手はリングフィールド競馬場で勝利を挙げたことによって、見習騎手に対する減量特典がなくなったのだ。

 ゴードン騎手はこう語った。「現在、ますます多くの女性騎手が奮闘しているので、この金字塔が後押しとなれば良いと思います」。

 「この週末、ホリー・ドイル騎手の減量特典がなくなりました。ニコラ・クリー(Nicola Currie)騎手も将来有望な女性騎手であり、私と同じように、まず小規模な厩舎で経験を積んでいます」。

 ゴードン騎手は今年初めにランボーンからニューマーケットに移動して、勢いあるパーマー厩舎に加わり、見習騎手から正式な騎手への階段を順調に上った。しかし、11月17日に年間99勝目を挙げてから3桁勝利を果たすまでにしばらく時間が掛かった。

 同騎手はこう語った。「ここ数週間なかなか勝てずにいたので、土曜日についに100勝を達成できてほっとしています。しかし私の記憶が確かなら、減量特典がなくなったときと同じです。いつまでたっても、最後の5勝が達成できないように思いました。結局、ウォルヴァーハンプトン競馬場でジェフリー・ディーコン(Geoffrey Deacon)厩舎の穴馬で勝利を挙げて減量特典がなくなりました。ウォルヴァーハンプトンとは相性が良いようです」。

 土曜午後、ゴードン騎手はリングフィールド競馬場で一鞍のみ騎乗した。それは単勝2.1倍の一番人気に推されたガリバー(Gulliver パーマー厩舎)だったが、最下位となった。その後、少し意気消沈しつつもウォルヴァーハンプトン競馬場に向かった。

 同騎手はさらにこう述べた。「ウォルヴァーハンプトンではチャンスがあると考えていましたが、サンダーボルトロックスが優勝したのは嬉しい驚きでした。なぜなら、同馬はデビュー戦で健闘すると考えていたのに大敗したからです。ヒューゴの馬で勝てたのはとても嬉しいです。彼は私の重要な支援者であり、減量特典がなくなってから最初に騎乗を依頼してくれました。エージェントのフィル・シー(Phil Shea)氏もよく働いてくれました」。

 その後の3レースでは勝鞍はなかったが、ゴードン騎手は早朝、有頂天な状態のままでニューマーケットに帰った。「正直なところ、道路が封鎖されていたために帰宅に手間取りました。しかし、夜通し興奮していたので辿りつくまで10時間かかっても気になりませんでした」。

 ヒューゴ・パーマー調教師はゴードン騎手の偉業を称え、こう語った。「ジョセフィンは年間100勝という信じられない偉業を達成しました。才能豊かなうえに懸命に働いているからでしょう」。

 「彼女はヘイリーの記録を抜くはずです。私も今回の勝利が今年最後の勝利になるとは思っていません。その重要な一勝を一緒に達成できればと思います。彼女は女性たちにとっても、我々の厩舎にとっても代表的な存在です」。

 同調教師は将来に関してこう語った。「驚くべきことに、ジョセフィンはまだ通算204勝しか挙げていません。彼女がこのまま勇敢に立ち向かい、健康であり続ければ、目の前に輝かしいキャリアが開けるでしょう」。

By David Milnes

[Racing Post 2017年11月26日

「100 not out: Josephine Gordon hopes milestone winner will inspire girls」]


上に戻る