EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2歳G1競走2レースが抗議行動のために中止(フランス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2017年11月02日  - No.43 - 3

2歳G1競走2レースが抗議行動のために中止(フランス)[開催・運営]


 サンクルー競馬場は10月29日、2歳G1競走2レースなど全8レースを施行するはずだったが、第1レースの後に中止されることになった。政府が財政支援を削減したことに対して、パドック内で抗議行動が行われたのだ。

 フランスギャロ(France Galop)は、「フランスギャロは競馬開催を中止せざるを得なくなりました。お詫び申し上げます」とツイートした。

 馬主・調教師・生産者を代表するグループは、第2レースの前にパドックに集まり、フランスギャロの役員と長時間にわたって話し合ったが、そこから立ち去ることを拒否した。伝えられるところによると、その抗議行動は輸送費・生産者賞・その他の費用に対する財政支援の削減を受けてのものであった。

 中止されたレースの中には、いずれも2歳限定戦であるクリテリウムドサンクルー(G1 2000m)とクリテリウムアンテルナショナル(G1 1400m)があった。クリテリウムドサンクルー(7頭立て)にはエイダン・オブライエン厩舎の4頭が出走する予定だった。そこにはベレスフォードS(G2)の2着馬デラノルーズベルト(Delano Roosevelt)やロイヤルロッジS(G2)の2着馬ネルソン(Nelson)がいた。またクリテリウムアンテルナショナルには、同厩舎のデューハーストS(G1)の4着馬スリーアンドフォーペンス(Threeandfourpence)が出走する予定だった。

 ハリー・ダンロップ(Harry Dunlop)調教師も、G2勝馬ファイティングアイリッシュ(Fighting Irish)をクリテリウムアンテルナショナルに出走させようとしていた。また、この日は3歳以上のマイル重賞であるパース賞(G3)も中止となった。

 フランスギャロは、これらの重賞レースの代替開催について協議していない。海外の有力馬が多数登録されていたことを考えると、代替開催は難しそうだ。

By Bob Kieckhefer

[bloodhorse.com 2017年10月29日「Saint-Cloud Cancels Card due to Protest」]


上に戻る