EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 豪州が香港からの馬の輸送を一時停止(オーストラリア・香港)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2017年09月22日  - No.37 - 2

豪州が香港からの馬の輸送を一時停止(オーストラリア・香港)[開催・運営]


 豪州の農業・水資源省(DAWR)は香港ジョッキークラブ(Hong Kong Jockey Club: HKJC)に対し、「2017年10月2日より、香港から豪州への馬の輸送を一時停止する予定である」と通知した。これは、2018年第3四半期に計画されている広州の従化区調教センター(Conghua Training Centre 中国本土)のオープンに先立つ措置である。

 DAWRは、香港・広州間の馬疾病清浄地域(Equine Disease Free Zone: EDFZ)に関する防疫対策の見直しを行う間、この一時停止措置を取ると述べた。一方、HKJCはDAWRのこの決定に遺憾の意を表明した。HKJCによれば、馬輸送の一時停止措置には以下のことが含まれる。

・ レース出走や引退後の繋養を目的に、香港馬を豪州に直接輸送できない。

・ 国際競走への出走のために、豪州馬を香港に輸送することは許可されない。

・ 香港馬をニュージーランド経由で豪州に輸送する場合、ニュージーランドに180日間滞在させることが義務付けられる。

 HKJCによれば、今回のDAWRの決定は、香港にずっと滞在させるために豪州で購買された馬の輸送に影響しない。また、豪州以外の国々からの香港への馬輸送や、それらの国々への香港馬の輸送にも影響しない。豪州以外の国々の馬は、これまでと全く同じ条件で、香港に輸送され国際競走に出走できる。

 HKJCの競馬統括担当専務理事であるアンドリュー・ハーディング(Andrew Harding)氏は、こう語った。「これは極めて有害な措置です。豪州と香港が長年築いてきた競走・生産・賭事の分野での重要な経済関係を悪化させます」。

 「香港・豪州間の馬輸送が適宜に再開されるように、DAWRはEDFZの見直しを早急に行うべきです。私たちはそのために、直接、もしくは豪州総領事館を通じて、DAWRと議論しています。さらに、HKJCの厩舎運営チームは馬主とともに、別の引退馬受入先を見つけるように努めています」。

 EDFZを利用した試験的な馬輸送の実施については2016年3月、DAWRに正式に通知されており、18ヵ月間に計19頭が輸送された。この輸送は、香港漁農自然護理署(AFCD)、中国本土の獣医局(広東省検疫局と農業部)、豪州と香港の税関・出入国管理局の監督の下で計画され実施された。

 馬の輸送は常に、政府当局が認可したGPS監視車両で行われ、馬は広州調教センターの安全性の高い厩舎に入れられた。そしてすべては政府獣医官とHKJCの監視下に置かれていた。広州行政区域の面積は全体で2,009㎢であり、そこは"疾病清浄地域"および"地元馬の影響がない地域"と考えられている。そこに広州調教センターを囲む半径5㎞のEDFZの中心エリアがある。HKJCの声明によれば、「それゆえ、広州調教センターに輸送されてくる馬が、中国本土に滞在する馬と接触したり近づく可能性はない」。

 ハーディング氏はこう続けた。「18ヵ月前、最初の試験的輸送を正式に通知した際には、豪州の最高獣医責任者は何の懸念も表明しませんでした。それを考えれば、なぜ今になって、『一連の試験的輸送が香港から豪州への馬の直接輸送を即時禁止する根拠であった』と言えるのか分かりません。実際、HKJCの防疫対策は世界一です。2016年から実施されたすべての試験的輸送が問題なく実施されたということが、その証拠です」。

 「香港の競走馬を高い衛生状態に保つためのHKJCの専門知識は、長年にわたり十分に示されてきた」とHKJCは報告した。香港には通常、年間400頭以上の馬が輸入される。それに加え、HKJCが開催する一定数の国際競走は、世界中から出走馬を引き付けている。毎年12月に開催される香港国際競走だけでも、HKJCは世界最高級のサラブレッド約30頭を一時輸入・輸出している。またHKJCは、2008年北京五輪(香港)と2010年アジア大会(広州)などの馬術競技会を成功させた。これらの大規模な馬術競技会では、それぞれ250頭と95頭の輸入・輸出が行われた。

 EDFZ(馬疾病清浄地域)は、国際獣疫事務局(World Organization for Animal Health)のマネジメントシステムである。このシステムは、これらの清浄地域内の全ての馬に国際間の輸送に際して伝染病が発生していない状態にあることを保証する。

By Blood-Horse Staff

[bloodhorse.com 2017年9月14日「Australia Regulator to Suspend Hong Kong Shippers」]


上に戻る