EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ハリケーン「イルマ」が去り、フロリダ州で調教再開(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2017年09月14日  - No.36 - 3

ハリケーン「イルマ」が去り、フロリダ州で調教再開(アメリカ)[その他]


 ハリケーン「イルマ」がフロリダ州南部を去ってから2日が経った。ガルフストリームパーク競馬場、同競馬場に隣接するショッピングモールの"ザ・ヴィレッジ"、パームメドウズ調教センター、ガルフストリームパークウエスト競馬場(旧コールダー競馬場)は、平常に戻りつつある。

 ガルフストリームパーク競馬場、パームメドウズ調教センター、ガルフストリームパークウエスト競馬場では、9月12日午前6時すぎに調教が開始された。

 パームメドウズ調教センターに厩舎を持つチャック・サイモン(Chuck Simon)調教師はこう語った。「午前7時にここに来ました。はっきり言って、2日前にハリケーンが去ったことを聞かされていなければ、何が起こったのか知るよしも無かったでしょう。私たちはすべての馬の調教を再開しました。馬場は申し分のない状態で、調教師たちは皆戻って来ました。馬場の使い心地はいつものように快適です」。

 ガルフストリームのピーター・ウォルダー(Peter Walder)調教師はこう続けた。「私たちはすべての馬に軽くキャンターさせました。馬場は良い状態です。まさかと思うでしょうが、厩舎は完璧です。嵐の前にすべてをきれいに片付けましたが、ハリケーンが上陸したとは絶対分からないでしょう。対処方法については、"素晴らしい"としか言えません」。

 ハリケーン上陸の3日前、ガルフストリームパーク競馬場の700頭が避難し、その多くがパームメドウズ調教センターに移動した。75頭ほどが9月12日(火)に戻ってきた。残りは水曜日から金曜日に戻る予定である。ガルフストリームパーク競馬場は9月16日(土)と17日(日)にライブのレースを施行する。その枠順は水曜日に確定する。

 また、ガルフストリームパーク競馬場はサイマルキャスト発売を9月13日(水)に再開するために、その施設の準備を行っている。"ザ・ヴィレッジ"のレストランと店舗の大半は、火曜夜か水曜朝にオープンする。レストラン「クリスティン・リーズ」は水曜夜にオープンする予定。

 ガルフストリームパーク競馬場のポーカールームとカジノは、9月12日(火)に営業を再開する(営業時間 午前10時~午後4時)。

By Blood-Horse Staff

[bloodhorse.com 2017年9月12日「Horses Return to Training at Gulfstream Park」]


上に戻る