EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 富豪フランソワ・ピノー氏、ルジェ厩舎に所有馬を預託(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2017年01月19日  - No.3 - 4

富豪フランソワ・ピノー氏、ルジェ厩舎に所有馬を預託(フランス)[その他]


 ジャン-クロード・ルジェ(Jean-Claude Rouget)調教師は2016年、獲得賞金額、勝利数など、フランスのすべての調教師ランキングで首位となった。2017年もあらゆる分野で活躍することは確実だろう。ルジェ調教師は何年か前から画商のアラン・ジャティエール(Alain Jathière)氏の所有馬を管理している。同じ美術業界のフィリップ・セガロ(Philippe Ségalot)氏も、ルジェ厩舎に勝負服を預けている。そのセガロ氏は、同厩舎に有名人を馬主として受け入れさせたところだ。

 アートディーラーのセガロ氏がサラブレッドに興味を持たせるために連れてきたのは、フランソワ・ピノー(François Pinault)氏だった。ピノー氏は、ルジェ調教師が2016年の1歳セリにおいて総額27万5,000ユーロ(約3,300万円)で購買していた2歳馬3頭の買い手となった。今年は、フランスの競馬場でこの実業家の勝負服を初めて見られるはずである。昨今馬主が減少しつつあるので、競馬界にとって朗報である。競馬にまだ魅力を感じている気配(あるいは、流行となる気配)は、とりわけ最も裕福な人々のもとで見られる。ピノー氏とその一族はフランスで7番目の資産家であり、そのランキングのさらに上位にはヴェルテメール家やダッソー家がいる。

 そもそも、ローラン・ダッソー(Laurent Dassault)氏はルジェ厩舎に所有馬3頭を預託している。ルジェ厩舎の所属馬200頭は、次の馬主に所有されている。ジェラール・オーギュスタン・ノルマン(Gerard Augustin-Normand)氏(30頭。うち24頭が同氏の勝負服)、アガ・カーン殿下(20頭)、アルシャカブレーシング社(20頭)、ハムダン殿下(15頭)、米国人のジョセフ・アレン(Joseph Allen)氏(10頭)、スペイン人のアントニオ・カロ(Antonio Caro)氏(10頭)。また、会社経営者のジョエル・セシェ(Joël Séché)氏やジャン-ピエール・バルジョン(Jean-Pierre Barjon)氏、政治家のエルヴェ・モラン(Hervé Morin)氏、歌手のミシェル・サルドゥー(Michel Sardou)氏などの所有馬も同厩舎に預託されている。ルジェ調教師は40年にわたる調教師生活で大きな快挙を成し遂げている。ポー(ピレネー山脈北麓)でゼロから始め、自らの厩舎を最高レベルに成長させた。そのために、実践的でほぼ確実なチームを築くことに成功した。ルジェ調教師が成功した重要な要素の1つは人間関係である。ルジェ調教師が自身と組もうとしている馬主を励ますことに長けていることは意外ではないが、それを具体化するのは必ずしも容易ではない。しかし、ルジェ調教師には説得力がある。ビジネスマンのように預かった馬を管理して、馬主をがっかりさせない。

 白い勝負服で知られる馬主のオーギュスタン-ノルマン氏は、ルジェ調教師の結果を資金化する才能に敬意を表し、こう語った。「ジャン-クロードは素晴らしい調教師である前に、比類なき購買者です。それに、不測の事態がたびたび起こる世界において、確実な経済モデルを作り出します。彼は初期の競走成績を見て、馬主にそのチャンピオン馬を常に血統を追跡する有力馬主に転売するよう持ちかけます。それでも、私の方ではなかなか転売できません。しかし、ずっと馬主を続けているようにしなければなりません。最も価値を生むのは、新たに1歳馬を獲得するための再投資です」。

 あらゆる方面でルジェ調教師は必要とされている。同調教師は馬主の利益を最大限に活用する。また、様々な馬主がいることで、一斉に馬が引き揚げられるリスクは少ない。それらの馬主の1人としてフランソワ・ピノー氏を迎えることは、競馬界全体の利益となる素晴らしい出来事である。

フランソワ・ピノー氏

1936年8月21日ブルターニュ生まれ。

ピノー氏はしばしば経営状態の悪い企業を買収し、価値が高まった後に売却して財をなし、高級品市場における重要人物となった。2001年から、事業の経営権を息子のフランソワ-アンリ氏に徐々に移譲している。ピノー氏は1998年からサッカークラブのスタッド・レンヌのオーナーでもある。現代芸術に情熱を注ぎ、アートディーラーのフィリップ・セガロ氏に影響を受けサラブレッドに興味を持つ。80歳で、馬主としての喜びを見出すことだろう。

By Ludovic Hellier

(1ユーロ=約120円)

[Paris Turf 2017年1月7日「François Pinault rejoint le team Rouget」]


上に戻る