EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ザラック、サンクルー大賞優勝で待望のG1初優勝(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2017年07月06日  - No.26 - 4

ザラック、サンクルー大賞優勝で待望のG1初優勝(フランス)[その他]


 ザラック(Zarak 父ドバウィ)はついに、初距離となる2400mのサンクルー大賞(G1)で息の長い走りを見せ、シルバーウェーヴ(Silverwave)を下して、待望のG1初優勝を果たした。

 直線でいくつか衝突があり、ドーハドリーム(Doha Dream)に騎乗していたグレゴリー・ブノワ(Gregory Benoist)騎手は落馬し、レース後に首の精密検査のため病院に搬送された。

 ザラックのこの勝利は、アラン・ド・ロワイエ-デュプレ(Alain de Royer-Dupre)調教師とオーナーブリーダーのアガ・カーン殿下に大きな安堵をもたらした。今や、彼らの名牝ザルカヴァ(Zarkava 2008年凱旋門賞優勝馬)はG1馬の母となったのである。

 ロワイエ-デュプレ調教師はこう語った。「優秀な管理馬が困難を乗り越えて快挙を遂げるときは、ホッとするものです。ザラックはガネー賞(G1 5月1日サンクルー競馬場)では少し不運でした。また、イスパーン賞(G1 5月28日)ではシャンティイの速い馬場で坂を下るのを嫌がっていました。今日は本来のザラックを見ることができて満足しています」。

 「ザラックはいつもレベルの高い馬であり、アルマンゾル(Almanzor)がいなければ、もっとG1やG2を制していたでしょう」。

 優勝馬リストに母ザルカヴァと名を連ねるために凱旋門賞に挑戦するかどうかは、関係者の熟考の末に判断されるだろう。

 パディパワー社(Paddy Power)は、ザラックが4歳でG1初優勝を達成したことを受け、ザラックの凱旋門賞優勝に20-1(21倍)のオッズをつけている。しかし、ベットヴィクター社(Bet Victor)はこの優勝に衝撃を受けたのか、14-1(15倍)のオッズをつけている。

 ザラックの5月末のイスパーン賞での精彩に欠けるパフォーマンスについて、ロワイエ-デュプレ調教師はこう語った。「凱旋門賞に向かう前に様子を見なければなりません。シャンティイの下り坂は、検討すべき問題です」。

 ザラックに騎乗したクリストフ・スミヨン騎手は、レース前半はザラックを後方で待機させていたが、後半は徐々に外側から上がっていき戦闘態勢に入らせた。内埒のそばで落馬事故があったので、それは思いがけなく幸運な位置取りとなった。

 スミヨン騎手は、「ザラックは母親のように素晴らしい末脚を持っていますが、それが長持ちしないときもあります。シルバーウェーヴが終盤攻めてくるのは分かっていたので、今日は最後の直線で果敢に戦わなければなりませんでした」と語った。

 パスカル・バリー(Pascal Bary)調教師は、3/4馬身差で退けられたシルバーウェーヴ(ジェラルド・モッセ騎手)について、こう分析した。「シルバーウェーヴは素晴らしいパフォーマンスをしましたが、ガネー賞で負かした馬にやり返されただけです。凱旋門賞では2回とも良い結果を出すことができませんでしたので、次はドーヴィル大賞(G2 8月27日)に向かうことになるかもしれません」。

 マイドリームボート(My Dream Boat)は、3着馬のアルマンド(Armande)にわずかに及ばず、3頭の英国調教馬の中では最高位の4着となった。

 アダム・カービー(Adam Kirby)調教師はこう語った。「今日は3着にはなるはずだと考えていましたが、理想的な展開とならず、最後の1ハロンできつくなってしまいました。しかし、マイドリームボートは今日ほぼ最高の状態に戻っていました」。

 ホークビル(Hawkbill ウィリアム・ビュイック騎手)は前でレースを進めて先頭に立っていたが、早い段階から外側を回らされていたために最後の直線では勢いを保つことができず6着となった。

 チャーリー・アップルビー(Charlie Appleby)調教師はこう語った。「勇敢なパフォーマンスを見せて3着に食い込んだコロネーションカップ(G1)の時の疲れが残っていたのかもしれません。彼は、"夏休みがほしい。次のレースは秋にしてほしい"と言いたかったのではないでしょうか」。

 クリスチャン・デムーロ騎手はロビンオブナヴァン(Robin Of Navan)に異変を感じて、ゴールまでゆっくり走らせた。

 ハリー・ダンロップ(Harry Dunlop)調教師はこう語った。「私たちは、ロビンオブナヴァンがコーナーを回って競走をやめたか、あるいは歩様がおかしくなってしまったかと思いました。クリスチャンはすぐに安全策を取りました。無事であるようですが、厩舎に連れて帰ってどういう状態か検査したいと思います」。


news_2017_26_03.png


By Scott Burton

[Racing Post 2017年7月2日「Zarak proves class and stamina in dramatic climax」]


上に戻る