EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ウッズ調教師、香港ジョッキークラブに対して訴訟を起こす(香港)[その他]
海外競馬ニュース
2017年06月01日  - No.21 - 4

ウッズ調教師、香港ジョッキークラブに対して訴訟を起こす(香港)[その他]


 以前ニューマーケットで活動していたショーン・ウッズ(Sean Woods)調教師(51歳)は4月、香港ジョッキークラブ(Hong Kong Jockey Club:HKJC)を相手に訴訟を起こした。同調教師は本紙に対し、提訴に至った理由の概要を説明し、勝訴する可能性は高いと主張した。

 1980年代に英国の障害騎手だったウッズ調教師は、2002年に調教活動を行うために香港に渡り、279勝を挙げて2億3,900万香港ドル(約33億4,600万円)の賞金を獲得した。

 しかし、同調教師はHKJCが基準として定めるシーズン勝利数を3度にわたって満たせず、2016年に調教師免許を更新できなかった。

 同調教師は、デヴィッド・フェラリス(David Ferraris)調教師、マイケル・チャン(Michael Chang)調教師、アンドレアス・シュルツ(Andreas Schultz)調教師とともに、2008年北京五輪の後にHKJCが運営するオリンピックステーブル(Olympic Stables)に移動したが、勝利に恵まれなかった。なお、シュルツ調教師も免許を更新できなかった。

 来年ニューマーケットで調教を再開する予定のウッズ調教師は、こう語った。「厩舎を移動したことで、私と他の3名の調教師は、シャティンの競馬場厩舎で活動する調教師に比べ、不利な立場に追いやられました。なぜなら、オリンピックステーブルの施設はメインステーブルより劣っていて、そのために成績が上がらなかったからです」。

 ウッズ調教師は、HKJCは一定水準に達した施設を提供せず、契約違反を犯したと主張した。同氏によれば、この施設には当初約束されていた調教用プール、馬場までの地下馬道、レース当日の装鞍所までのアクセスが整備されていなかった。また、この施設の近くで建設工事が行われていたために、馬が有害な影響を受けたとのことである。

 さらに同調教師は、公平なヒアリングを受けておらず、調教師免許が失効した時や異議を申し立てた時に、しかるべき手続きが取られなかったと主張した。

 ウッズ調教師はこう語った。「最も重大なのは、HKJCが偽りの説明を行ったことです。なぜなら、私たちは望んでオリンピックステーブルに移動したわけでも、お金のために移動したわけでもなかったからです。私たち4人は、甚大な影響を受けました」。

 「4人とも数年後にはメインステーブルに戻らせてもらうように、毎日頼んでいました。彼らはそれを把握していたにもかかわらず、対応しようとしませんでした。これは揺るぎない主張であり、4人は突然成績が振るわなくなったわけではありません」。

 「オリンピックステーブルは綺麗で、メインステーブルほど設備は整っていませんでしたが、それ以外には何も悪いところはありませんでした。施設から50ヤード(約45m)離れたところにスポーツ施設が建設されることが分かってやっと、HKJCは施設を改善することを約束しました。2年半の間、馬のそばで杭打ちの作業が行われ、馬は立ち尽くして動揺していました。テーブルから茶碗が落ちるようなひどい状態でした」。

 今シーズンになって、オリンピックステーブルを改善する措置が取られた。ウッズ調教師は、これによりフェラリス調教師に運が巡ってきたと確信している。フェラリス調教師は昨シーズン16勝に終わったが、2016-17シーズンはすでに28勝を挙げている。

 「フェラリス調教師は基準勝利数を満たすことに苦労していました。しかし今シーズンは、新たにプールと厩舎が設置されたことで返り咲いています。HKJCは、私たちがここ5~6年要求し闘ってきたことを全て実行しました。したがって、証拠はすべてここにあります」。

 「私はニューマーケットと香港を行ったり来たりすることになるでしょう。そして来年ニューマーケットでの開業を目指しています。しかし、それには丸1年かかり、本当に大変でした」。

 2000年にフランキー・デットーリ騎手が鞍上を務めたアトランティスプリンス(Atlantis Prince)でロイヤルロッジS(G2)を制したウッズ調教師は、カムバックを果たすには適切な厩舎と優秀なスタッフ、それに馬主のサポートが必要だと語った。

 同調教師はこう語った。「多くの負担とストレスを抱えましたが、最後の6年間に起きたことは別にして、香港で素晴らしい15年間を過ごしました。いつも楽しみ、多くの勝利を挙げ、2億香港ドル(約28億円)以上の賞金を獲得しましたので、失敗ではありませんでした。困窮したわけではありません。ただ、私が思い描いていたよりも現実が下回っただけです」。

 ウッズ調教師の代理人から令状を受け取ったHKJCは口を閉ざしている。HKJCのスポークスマンは「進行中の訴訟については何もコメントしません」と述べた。

By James Burn

(1香港ドル=約14円)

[Racing Post 2017年5月10日「Woods confident of case over loss of HK licence」]


上に戻る