EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 歴史あるバリーマッコールスタッド、年内に全所有馬を売却(アイルランド)[生産]
海外競馬ニュース
2017年04月13日  - No.15 - 3

歴史あるバリーマッコールスタッド、年内に全所有馬を売却(アイルランド)[生産]


 欧州で最も重要な処分セールの1つが、年内に実施される予定である。バリーマッコールスタッド(Ballymacoll Stud アイルランド)のマネージャーを長年務めているピーター・レイノルズ(Peter Reynolds)氏が本紙に対し、同スタッドのすべてのサラブレッドがセリに上場されることを明らかにしたのだ。

 タタソールズ社(Tattersalls)は、この歴史ある牧場で繋養されている52頭のうち48頭の販売を担当するセリ会社に指名された。残りの4頭は高齢の牝馬であり、近くのゴフス社(Goffs)で販売される。

 バリーマッコールスタッドは57年前にウェインストックファミリー(Weinstock family)が購買し、G1馬30頭を出している。レイノルズ氏は同スタッドの運営を一括売却することを考えていたため、この1年間、その将来ははっきりしないままだった。同スタッドは2002年のウェインストック卿の逝去後も、言わば自給自足で運営を継続してきたが、同スタッドの役員たちは3月24日の会議で、一括売却契約が成立しない以上段階的な売却が必要との結論を下した。

 レイノルズ氏はこう語った。「1960年代にウェインストック卿がしていたように牧場運営を行う人物が現れ、すべてを受け継いでくれることを強く望んでいました。この1年間そのような人物を探そうと努力してきましたが見つかっていません。まだ手遅れではありませんが、プランAが上手くいかないのであればプランBに移行しなければなりません」。

 「スタッフのことを考えれば、すべてが一緒に維持できれば、これほど素晴らしいことはないでしょう。私はここに勤務してこの夏で45年となりますが、これほど有能なスタッフに恵まれたことはありません。彼らはこの牧場が間もなく売却されることを知りながら、日々の業務を続けています」。

 「繁殖牝馬18頭、現役馬14頭、1歳馬9頭、当歳馬9頭、そして引退馬2頭は、この秋にそれぞれの部門のセリで上場されるでしょう。1日で処分セールを行うような時代ではなくなったので、これらの馬は10月の1歳セール、現役馬セール、繁殖セールに分けて上場されるでしょう。ゴフス社からもこの契約のために魅力的な提示がありましたが、馬の購買者はイギリスに本拠があることから、より魅力的な提示のあった英国のタタソールズ社に処分セールを委託します。私たちは同社のタミー・オブライエン(Tammy O'Brien)氏と一緒に取り組むことを楽しみにしています」。

 ウェインストックファミリーは、2頭の英ダービー馬トロイ(Troy)とノースライト(North Light)のほか、コンデュイット、ゴーラン(Golan)、ピルサドスキー(Pilsudski 1997年ジャパンカップ優勝馬)、サンプリンセス(Sun Princess)、イズリントン(Islington)などの優良馬を所有していた。現在18歳のイズリントンは、第11仔となる牝駒を最近出産したばかりである。同スタッドのサラブレッドのほとんどは、2頭の基礎牝馬カントリーハウス(Country House)とサニーバレー(Sunny Valley)のファミリーに属する。

 タタソールズ社のエドモンド・マホニー(Edmond Mahony)会長は、バリーマッコールスタッドの貴重な遺産の処分セールを受託したことを大変な名誉として歓迎し、こう語った。「このような傑出したサラブレッドコレクションの処分セールを当社が受託することとなり光栄に思います。比較的少ない頭数の繁殖牝馬が国際舞台で大きな影響を与えることはめったにないことです。この処分セールは、見事な成功を収めた遺産とかつてない偉業を分かち合うまたとないチャンスです。タタソールズ社は、バリーマッコールスタッドに代わってこの処分セールを実施し、変わることのない卓越性の精神と最高の公正性を彼らと共有することを誇りに思います」。

 この遺産の管理人であるレイノルズ氏にとって、今後数ヵ月間は心が痛むのも無理はないだろう。同氏はこう語った。「ある意味では、売却について話すにはおかしなタイミングであるように感じます。今年も仔馬が生まれ、繁殖牝馬は交配し、今週はサー・マイケル・スタウト(Sir Michael Stoute)調教師と預託する若馬について話しました。これらの馬はすべて同じファミリーに属していて、おそらくまた彼らの価値を高めるようなことが起こるかもしれません。私たちはまだ大きな希望を持って、これからのシーズンを楽しみにすることができます」。

By Chris McGrath

[Racing Post 2017年3月25日「Historic nursery set to disperse entire portfolio later in 2017」]


上に戻る