EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > トニー・マッコイ氏、負傷騎手基金の理事長に就任(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2016年02月04日  - No.5 - 3

トニー・マッコイ氏、負傷騎手基金の理事長に就任(イギリス)[その他]


 最近ナイトの爵位を授与されたトニー・マッコイ(Sir Anthony McCoy)氏は、“負傷騎手基金(Injured Jockeys Fund: IJF)理事長”という新しい肩書を持つことになった。これまでIJFの後援者であったマッコイ氏は、2012年から理事長を務めてきたジョン・フランコム(John Francome)氏の後継者となる。

 マッコイ氏は次のように語った。「IJFの取組みは競馬界にとって重要です。引退した今、理事長に任命されてこの役割を引き受けることを、心から 嬉しく思います。そして、負傷騎手とその家族を支援するためにIJFが実行している素晴らしい取組みに、何らかの貢献ができればと望んでいます」。

 フランコム氏は次のように語った。「オークシー卿(Lord Oaksey)の後任として理事長となってから、楽しい日々を過ごしてきました。しかし、トニーが理事長になるのであれば、この上なく相応しいように思えます。若い世代が方針決定に関わることは重要であり、彼のほうがずっと現役騎手のことを理解できるでしょう」。

 IJFのCEOリサ・ハンコック(Lisa Hancock)氏は次のように語った。「サー・トニー・マッコイが理事長に就任することは、私たちにとってこの上ない喜びです。彼の競馬界への貢献はすでに大きく、IJFのチームは全員、彼とともに働けることを楽しみにしています」。

 「ジョンは理事長として素晴らしい仕事をしてくれました。トニーが後任となり今後50年にわたってIJFの指揮を執るというのは、ジョンのアイデアでした」。

By Stuart Riley

(関連記事)海外競馬ニュース 2016年No.1「トニー・マッコイ氏にナイト爵位が授与される(イギリス)

[Racing Post 2016年1月28日「McCoy the new Injured Jockeys Fund president」]


上に戻る