EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2016年アメリカンオークスは12月31日に開催(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2016年12月09日  - No.49 - 1

2016年アメリカンオークスは12月31日に開催(アメリカ)[開催・運営]


 12月26日、58のステークス競走を施行するサンタアニタパーク競馬場の伝統的な冬開催が開幕する。12月31日には、2015年5月以降実施されていなかった権威あるアメリカンオークス(芝G1・総賞金30万ドル)が施行される。

 アメリカンオークス(約2000m 3歳牝馬限定)は、2002年から2013年まで毎年7月にハリウッドパーク競馬場で施行されていた。ハリウッドパーク競馬場の閉場に伴い、同レースはサンタアニタ競馬場の5月のスケジュールに移行したが、今年の春は施行されなかった。今回の日程調整により、今年アメリカンオークスが施行されないという事態は免れた。

 サンタアニタ競馬場の冬開催(72開催日)は4月9日に終了する。その後、4月14日から7月4日までの春開催が開幕する。

 冬開催の開幕初日は、4つの重賞を含む人気の高い競馬番組(全10レース)が競馬ファンを迎える。ハイライトとなる2つのG1競走(約1400m)は、いずれも総賞金30万ドルのマリブS(3歳牡馬・せん馬)とラブレアS(3歳牝馬)である。そして、ダウンヒルターフコースで施行される総賞金20万ドルのマティスブラザーズマイル(芝G2 約1600m)と総賞金10万ドルのサンシメオンハンデキャップ(芝G3 約1300m)で締めくくられる。

 サンタアニタ競馬場の冬開催のG1競走の目玉は、これまで17頭のケンタッキーダービー馬を出してきたサンタアニタダービー(G1・総賞金100万ドル)であり、4月8日に施行される。また、第81回目となるサンタアニタハンデキャップ(G1・総賞金75万ドル)は3月11日に施行される。

2016-49-1.jpg

By BloodHorse Staff

(1ドル=約115円)

[bloodhorse.com 2016年12月5日「Santa Anita Moves American Oaks to Dec. 31」]


上に戻る