EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > トレヴとドバウィの組合せは言うことなし(フランス・イギリス)[生産]
海外競馬ニュース
2016年01月28日  - No.4 - 1

トレヴとドバウィの組合せは言うことなし(フランス・イギリス)[生産]


 凱旋門賞(G1)を2勝した牝馬トレヴ(Treve)は、ドバウィ(Dubawi)との交配準備のため、1月中旬に英国へ発つ。馬主アルシャカブレーシング社(Al Shaqab Racing)の代表は、この組合せを“言うことなしの簡単な選択”と表現した。

 発展しつつあるアルシャカブレーシング社の生産事業は、ブクト牧場(Haras de Bouquetot ノルマンディー地方)を拠点としている。凱旋門賞3連覇に挑んだが4着に敗れたトレヴは、引退後この牧場に繋養されている。ブクト牧場の場長を務めるブノワ・ジェフロワ(Benoit Jeffroy)氏は次のように語った。「ドバウィが世界最高の種牡馬の1頭であることは言うまでもありません。馬格に関しては、トレヴと良い組合せだと考えます。彼はトレヴの仔を大きい体型にし、骨太にするでしょう」。

 「血統については、ドバウィはサドラーズウェルズ系の牝馬との相性が抜群です。母がガリレオ(Galileo 父サドラーズウェルズ)の牝馬であるナイトオブサンダー(Night Of Thunder)が良い例です。トレヴの母父は、アナバー(Anabaa 父ダンジグ)です。優秀なドバウィ産駒の多くには、母系のどこかにダンジグが入っています。ドバウィの馬格や競走成績も、トレヴにとって言うことなしです」。

 ドバウィ産駒は2015年に素晴らしい活躍をみせ、G1勝利産駒11頭には、アルカジーム(Al Kazeem)、アラビアンクイーン(Arabian Queen)、イラプト(Erupt)、ニューベイ(New Bay)、ナイトオブサンダー、ポストポーンド(Postponed)、プリンスビショップ(Prince Bishop)などがいる。

 ダーラムホールスタッド(Dalham Hall Stud ニューマーケット)で供用されているドバウィの種付料は22万5,000ポンド(約3,825万円)にまで高騰し、世界最高額の種付料を誇る種牡馬の1頭となった。

By Martin Stevens

(1ポンド=約170円)

[Racing Post 2016年1月12日「Dubawi and Treve date ‘a no-brainer’」]


上に戻る