EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > カルヴィン・ボレル騎手、5ヵ月間のブランクを経て騎乗再開(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2016年09月01日  - No.35 - 1

カルヴィン・ボレル騎手、5ヵ月間のブランクを経て騎乗再開(アメリカ)[その他]


 ケンタッキーダービー(G1)3勝のカルヴィン・ボレル(Calvin Borel)騎手(49歳)は5ヵ月間の引退生活を送った後、8月27日にエリスパーク競馬場で騎手としてのキャリアを再開した。2鞍騎乗し、3着と4着になった。

 競馬殿堂入り騎手の復帰1戦目の騎乗馬は、初出走の2歳牡馬キスマイノート(Kiss My Note)。午前中の予想オッズは9-2(5.5倍)であったが、その後オッズは2-1(3倍)まで低下し1番人気となった。キスマイノートはレース前半で、これまでの3戦で好走していたチャージンストーム(Chargin Storm)のアタマ差の2番手につけていた。しかし最後の100mで力尽き、最終的にチャージンストームに優勝を許し、2着馬に1/2馬身差の3着となった。

 ボレル騎手はこう語った。「良い気分です。この馬には何よりも経験が必要です。やや粘りがきかなかったようですが、初出走ながらも3着に健闘しました。私は勝つためにここに居るのですから、"勝たせたい"と思っていました。しかし、この馬は素晴らしいレースをしました」。

 そして、5ヵ月のブランクを経て騎乗した感想を聞かれ、「いい気持ちです。想像よりもやや疲れましたが、満足しています」と語った。

 「何に疲れましたか?」という問いに対して、ボレル騎手はいつもの笑顔でこう答えた。「実際のところよく分かりませんが、レース終盤で2着は確保しようと思い、彼の気力を持たせなければなりませんでした。しかし、彼は垂れてしまい、私も同じような状況でした」。

 ボレル騎手は3月29日に突然引退を表明したが、彼の性格からして考えられなかった。5ヵ月間はほとんど人と話さず、オークローンパーク競馬場やチャーチルダウンズ競馬場からの引退式開催の申入れに対しても答えなかった。

 ボレル騎手はこう語った。「引退の準備ができていませんでした。ただ、しばらく競馬から離れる必要がありました。まだ若く健康で、騎乗するのが大好きです。引退には程遠い状態なので、戻ってきました」。

 ボレル騎手はまず、キスマイノートを管理・所有するバフ・ブラッドリー(Buff Bradley)氏に復帰を打ち明けた。

 ブラッドリー氏はこう語った。「初出走馬なので、掲示板に載ってくれれば良いと思っていたので大満足です。最後の直線に差し掛かった時、キスマイノートが素晴らしい競馬をしていたので興奮しました。最終的には垂れてしまいましたが、上々のデビュー戦でした。次の出走が楽しみです」。

 「騎手たちもカルヴィンの復帰に興奮していました。彼が本当に復帰するのか、大勢に聞かれました。彼らはカルヴィンが戻ってきたことを喜んでいます」。

 ジョン・コート(Jon Court)騎手はこう語った。「彼がいなくて寂しかったです。いつもの"カルヴィンおじさん"がここにいることは素晴らしいことです。引退を表明した時には、誰もがビックリしましたが、彼にはしばらく休みが必要だったのです。何か悩みがあったのだと思います」。

 ボレル騎手はこの日、ティム・リチャードソン(Tim Richardson)調教師が管理・所有するティズトゥー(Tiz Too)にも騎乗した。同馬は芝のマイル戦でレース後半に追い上げていったが惜しくも4着となった。

 リチャードソン調教師はこう語った。「予定していた騎手が他場で乗るために騎乗できないことを、当日の朝に知らされました。ちょうどカルヴィンが空いていました。カルヴィンと私は昔からの友人で、妻のレニー(Renee)も以前チャーチルダウンズ競馬場で誘導馬に乗っていたので彼のことを知っていました。彼は2009年、マインザットバード(Mine That Bird)とレイチェルアレクサンドラ(Rachal Alexandra)に騎乗してケンタッキーオークス・ダービーの両方を制した週の始めに、私たちが管理する牝馬に騎乗し勝ってくれました」。

 リチャードソン調教師は、「私たちはカルヴィンが大好きです。彼は1年間ソファに座っていることもできたでしょうが、騎乗してもらいました。彼が一番ですから」と付言した。

 ボレル騎手は、「本当に素晴らしい一日でした」と語った。

By Blood-Horse Staff

(関連記事)海外競馬ニュース 2016年No.14「ケンタッキーダービー3勝のカルヴィン・ボレル騎手が突然の引退(アメリカ)

[bloodhorse.com 2016年8月27日「Calvin Borel Returns to Riding at Ellis Park」]


上に戻る