EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > サインズオブブレッシング、悲劇のモーリスドゲスト賞を制覇(フランス)
海外競馬ニュース
2016年08月11日  - No.32 - 2

サインズオブブレッシング、悲劇のモーリスドゲスト賞を制覇(フランス)


モーリスドゲスト賞(G1・8月7日ドーヴィル競馬場) 芝 直線1300m 3歳以上

 サインズオブブレッシング(Signs Of Blessing 5歳)は全力を発揮し、ハプニング含みのモーリスドゲスト賞で優勝した。香港からの遠征馬で1番人気のゴールドファン(Gold-Fun)は、残り1ハロンを切ったときに故障し予後不良となった。

 ダイヤモンドジュビリーS(G1・ロイヤルアスコット開催)でトワイライトサン(Twilight Son)の3着となったサインズオブブレッシングは、G1初勝利を果たした。このレースにおいて地元フランスの調教馬が優勝するのは2013年以来である。

 発走前に1つ目のハプニングが起きた。大外枠のジミートゥータイムス(Jimmy Two Times)が立ち上がったことにつられて、外枠3頭がゲートから飛び出したのだ。

 発走やり直しのために遅れが生じたが、競走が始まるとフランソワ・ロオー(Francois Rohaut)厩舎のサインズオブブレッシングが猛烈なペースで先頭に立ち、その後は他馬を終始リードしたまま勝利を手にした。リチャード・フェイヒー(Richard Fahey)厩舎のドンジュアントライアンファント(Donjuan Triumphant)が追い込んで2着、ジミートゥータイムスが3着となった。

 ゴドルフィンのレノックスS(G2)優勝馬ダッチコネクション(Dutch Connection チャールズ・ヒルズ厩舎)は有力視されていたものの、5着に終わった。

 ロオー調教師は、昨年サインズオブブレッシングを去勢した成果があったと語った。「この馬はずっと有望でした。本日素晴らしい活躍を見せられたことに満足しています。昨年は上手く行きませんでしたが、彼を去勢したのは正しい判断であったことが示されました」。

 「しばらく放牧に出し、アスコットに向かいます。全てが上手く行けば、その後香港に遠征するかもしれません」。

 このレースの雰囲気は、ダイヤモンドジュビリーSの2着馬ゴールドファン(7歳)の重大な故障のために損なわれた。その後、同馬は予後不良となった(訳注:両前肢骨折)。

 リチャード・ギブソン(Richard Gibson)厩舎のゴールドファンは、鞍上のクリストフ・スミヨン騎手が追い始めた時にターフの上に倒れ込んだ。スミヨン騎手は落馬後、歩いて去ったが、ショックのため次のレースに騎乗することはなかった。

 このレースの後、サインズオブブレッシングのチャンピオンズスプリントS(G1・アスコット競馬場)での優勝に12-1(13倍)のオッズがつけられた。

By Alex Wiltshire

(関連記事)海外競馬ニュース2016年No.27「香港の活躍馬ゴールドファン、今夏は欧州に滞在(欧州)

[Racing Post 2016年8月7日「Blessing wins dramatic Prix Maurice de Gheest」]


上に戻る