EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 米国のセリ会社、アナボリック・ステロイドに関するルールを修正(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2016年04月07日  - No.14 - 3

米国のセリ会社、アナボリック・ステロイドに関するルールを修正(アメリカ)[生産]


 キーンランド協会(Keeneland Association)、ファシグ・ティプトン社(Fasig-Tipton Co.)、OBS社(Ocala Breeders' Sales Company)は、アナボリック・ステロイドに関するルールの修正を発表した。

 セリに上場される当歳馬・1歳馬・2歳馬は、これまでセリの45日以上前であればステロイドを投与することが認められていた。しかし今回の修正でこの規定は削除される。修正された市場規程は7月1日に発効する。

 これまでは、上場される当歳馬・1歳馬・2歳馬にセリの45日前からアナボリック・ステロイドが一切投与されていないことを、コンサイナーが保証していた。

 今後、これら大手3社のセリにおいて、購買者は若馬を購買する際に薬物検査の実施を要求できる。ステロイドの陽性反応が出た場合、購買者は24時間以内に通知することにより購買を撤回する権利を有する。

 キーンランド協会の販売担当理事のジェフリー・G・ラッセル(Geoffery G. Russell)氏、ファシグ・ティプトン社の会長兼CEOのボイド・T・ブラウニング(Boyd T. Browning Jr.)氏、OBS社会長のトム・ヴェンチュラ(Tom Ventura)氏は共同声明で次のように述べた。「これは公正確保に関わる問題です。購買者の信頼を高め、サラブレッドの販売プロセス全体の公正を確保するためには、この修正が不可欠であることに我々3社は合意しています。現在発展しつつある検査方法を利用することができるので、市場規程に反映させます」。

要約すれば、市場規程の修正部分は以下のとおりである。

―購買者は購買時に、馬から血液を採取しアナボリック・アンドロジェニック・ステロイド(筋肉増強剤)の有無を調べる検査を要求する権利を有する。

―各セリ会社は認定研究施設で薬物検査を実施し、その検査結果をコンサイナーと購買者に適時報告する。

―購買馬からアナボリック・アンドロジェニック・ステロイドの陽性反応が出た場合、購買者は24時間以内に通知することにより、購買を撤回し、コンサイナーへ馬を返還する権利を有する。

―購買者は500ドル(約5万5,000円)の検査費用を負担する。ただし、陽性反応が出た場合は、コンサイナーがこの費用を負担することになる。

By Blood-Horse Staff

(1ドル=約110円)

[bloodhorse.com 2016年3月22日「Sales Companies Amend Steroid Policy」]


上に戻る