EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > アガ・カーン殿下、スミヨン騎手との契約を2017年末まで延長(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2015年12月03日  - No.48 - 2

アガ・カーン殿下、スミヨン騎手との契約を2017年末まで延長(フランス)[その他]


 アガ・カーン(Aga Khan)殿下は、仏リーディングジョッキーであるクリストフ・スミヨン(Christophe Soumillon)騎手(34歳)との契約を2年延長した。スミヨン騎手は2017年末まで同殿下の主戦騎手を務めることとなる。

 また、アガ・カーン殿下は2016年に、スミヨン騎手を援護する2人目の騎手として新進気鋭のアレクシス・バデル(Alexis Badel)騎手と契約する。

 スミヨン騎手のフランスでの主戦騎手としての契約は、2期目に入る。その前の4年間(2009年〜2013年初め)の空白期間は、クリストフ・ルメール騎手がアガ・カーン殿下の主戦騎手を務めていた。

 

実り多い2015年

 今年はスミヨン騎手にとって、エメラルドグリーンと赤の有名なアガ・カーン殿下の勝負服を身に着け、多くの勝利を収めた年であった。ジャン-クロード・ルジェ(Jean-Claude Rouget)調教師が管理するエルヴェディヤ(Ervedya)で仏1000ギニー(G1)、ロイヤルアスコット開催のコロネーションS(G1)、ムーランドロンシャン賞(G1)を制した。

 また、ヴァジラバド(Vazirabad)でロイヤルオーク賞(G1)を制し、ドルニヤ(Dolniya)でドバイシーマクラシック(G1)を制した。ドルニヤは引退したが、エルヴェディヤとヴァジラバドは2016年も現役を続行する。

 

アレクシス・バデル騎手とは?

 25歳のバデル騎手は、アラン・バデル(Alain Badel)元騎手とミリアム・ボラック-バデル(Myriam Bollack-Badel)調教師の息子である。ドバイでスミヨン騎手がドルニヤ(Dolniya)に騎乗していた同じ日に、バデル騎手はカラクタール(Karaktar)でフランソワマテ賞(L・サンクルー競馬場)を制し、初めてアガ・カーン殿下の所有馬で大きな勝利を収めた。

 また、アガ・カーン殿下所有のカンダルリヤ(Candarliya)でミネルヴ賞(G3)を制し、10月のクリテリウムドメゾンラフィット(G2)において、リチャード・ファーヘイ(Richard Fahey)調教師が管理するドンジュアントリアンファン(Donjuan Triumphant)を勝利に導いた。

By Scott Burton

[Racing Post 2015年11月17日「Aga Khan deal with Soumillon extended」]


上に戻る