EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > レイチェルアレクサンドラの初仔ジェスズドリーム、デビュー戦で勝利(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2015年08月27日  - No.34 - 1

レイチェルアレクサンドラの初仔ジェスズドリーム、デビュー戦で勝利(アメリカ)[その他]


 8月23日、サラトガ競馬場において、2009年の年度代表馬レイチェルアレクサンドラ(Rachel Alexandra)の初仔ジェスズドリーム(Jess's Dream ストーンストリート牧場生産)は、その前途有望なキャリアのデビュー戦を劇的な勝利で飾った。最後方から他馬をごぼう抜きにし、1馬身差の勝利を収めた。

 2007年および2008年の年度代表馬カーリン(Curlin)の産駒であるジェスズドリームは、ジョン・ベラスケス(John Velazquez)騎手を背に、6番枠からゆっくりとゲートを出た。向う正面の後半では馬群から離され、4コーナーでは大外を回った。その後、最終的に2着となったセキュリティーズ(Securitiz)に追いつき、1マイル1/8(約1800m)を1分49秒06で駆け抜けて優勝した。上がり2ハロンのタイムは、23秒66であった。

 ベラスケス騎手は、「今日は発走後、仕掛ける準備ができるまで馬なりで走らせました。半マイル地点で合図を送り、他馬に追いつき始めました。馬群をとらえるとすぐ、駆け抜けるときだと分かったようです」と語った。

 この7頭立ての3歳未勝利戦におけるジェスズドリームの単勝払戻しは、1ドルにつき8.5ドルであった。

 ウィナーズサークルで、ジェスズドリームは観客から熱烈に迎えられた。

 ジェスズドリームは、ワインの名門ケンダル-ジャクソン社(Kendall-Jackson)の創始者である故ジェス・ジャクソン(Jess Jackson)氏に因んで名付けられた。ジャクソン氏はカーリンとレイチェルアレクサンドラを所有し、この2頭の間に生まれる産駒を楽しみにしていた。しかし、ジェスズドリームが生まれる1年前の2011年に亡くなった。ストーンストリート牧場は、現在、妻のバーバラ・バンク(Barbara Banke)氏によって運営されている。

 故障のために調教が遅れていた同馬を管理するキアラン・マクローリン(Kiaran McLaughlin)氏は、次のように語った。「ジェスズドリームのデビューは、順調にはいきませんでした。1年前に入厩しましたが、デビューまで1年掛かりました。今日のレースは、まるでG1競走のようでした。その血統とファンの喝采の大きさからして、ジェスズドリームが特別な馬であることは間違いありません。サラトガ競馬場の観客は、彼を高く評価していますので、ここで勝てたことは素晴らしいことです」。
(レース映像)https://www.youtube.com/watch?v=usogEZRY7Rs

By Blood-Horse Staff

(関連記事)海外競馬ニュース
2012年No.5「レイチェルアレクサンドラ、初仔を出産(アメリカ)」、
2015年No.31「レイチェルアレクサンドラの仔がデビュー戦で勝利(アメリカ)

[bloodhorse.com 2015年8月24日「Jess's Dream Wins Long-Awaited Debut」]


上に戻る