EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 俳優で馬主のオマール・シャリフ氏が死去(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2015年07月21日  - No.29 - 2

俳優で馬主のオマール・シャリフ氏が死去(フランス)[その他]


 フランスのベテラントレーナーであるダヴィッド・スマガ(David Smaga)調教師は、長年の友人で馬主であるオマール・シャリフ(Omar Sharif)氏に、哀悼の意を表した。7月10日、この有名な映画俳優は、エジプト・カイロにおいて心臓発作のために亡くなった。享年83歳。

 約50年間、シャリフ氏のピンク地に黒の横三本輪の勝負服は、フランスの競馬場で見掛けられた。デヴィッド・リーン(David Lean)監督の古典映画『アラビアのローレンス』や『ドクトル・ジバゴ』により、国際的名声を獲得したエジプト出身の俳優は、凱旋門賞開催日にロンシャン競馬場でよく出会うセレブリティーの1人であった。また、夏競馬が施行されるドーヴィル開催に頻繁に通っていた。

 所有馬の中で最初に重賞優勝を果たしたのは、1967年にロンシャン競馬場でフレディ・ヘッド(Freddy Head)騎手を背に、ポルトマイヨ賞(G3)を制したデディニ(Dedini)である。最も活躍した牝馬は、2009年にメゾンラフィット競馬場で終始先頭に立ってミエスク賞(G3)を制したリクシロヴァ(Lixirova)である。

 シャリフ氏は、2012年から2013年にかけて、ドーヴィル競馬場のゴントービロン賞(G3)、サンクルー競馬場のパース賞(G3)やミュゲ賞(G2)を立て続けに制した先行馬ドンボスコ(Don Bosco)により、最高の成功を収めた。現在8歳の同馬は、最近では6月にナント競馬場のリステッド競走(準重賞)で3着となった。

 7月10日、スマガ調教師は次のように語った。「エジプト滞在時に知り合い、その後長く続く友情を築いてきました。彼はドンボスコの勝利をとても喜んでおり、競馬場に来た時はとても生き生きしていました。ドンボスコの前には、ミエスク賞で優勝したリクシロヴァという牝馬にも恵まれました。彼の馬が勝った時は、いつもお祭りでした」。

 「エジプトで彼と一緒に通りを歩こうとしたことがありましたが、周りに集まった大群衆のために、とても無理でした」。

 シャリフ氏は、定期的に競馬雑誌の予想コラムを執筆していた。常習ギャンブラーである同氏は、「馬券で負けたときは、いつも出掛けて、新しい映画を撮ったものです」と語っている。

By Scott Burton

[Racing Post 2015年7月10日「Actor and racehorse owner Omar Sharif dies」]


上に戻る