EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ライアン・ムーア騎手、両ギニー競走を制覇(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2015年05月14日  - No.19 - 2

ライアン・ムーア騎手、両ギニー競走を制覇(イギリス)[その他]


 ライアン・ムーア(Ryan Moore)騎手は、1900年以降、同一シーズンに2000ギニー競走と1000ギニー競走(いずれもニューマーケット競馬場で施行)を制覇した6人目の騎手となった。(訳注:2000ギニーは皐月賞、1000ギニーは桜花賞に相当)。

 1902年に両ギニー競走を制したハーバート・ランドール(Herbert Randall)騎手は、競馬史上4頭目の両ギニー優勝牝馬であるセプター(Sceptre)に騎乗した。1942年のゴードン・リチャーズ(Gordon Richards)騎手の騎乗馬は、いずれもジョージ6世の所有馬であるビッグゲーム(Big Game)とサンチャリオット(Sun Chariot)であった。1967年のジョージ・ムーア(George Moore)騎手はオーストラリア人であり、ノエル・マーレス(Noel Murless)厩舎に所属していたことにより、両ギニーを制覇できた。

 1970年のレスター・ピゴット(Lester Piggott)騎手は、関係者が異なる馬で両ギニーを制覇した唯一の騎手である。すなわち、同騎手は後に三冠馬となるニジンスキー(Nijinsky ヴィンセント・オブライエン厩舎、馬主チャールズ・エンゲルハード氏)で2000ギニー、ハンブルデューティ(Humble Duty ピーター・ウォルウィン厩舎、馬主ジャン・アシュコム男爵夫人)で1000ギニーを制している。

 2005年のキーレン・ファロン(Kieren Fallon)騎手は、今年のムーア騎手同様、バリードイル勢の所有馬で両ギニーを制覇したが、両馬ともエイダン・オブライエン(Aidan O’Brien)調教師の管理馬であった。[訳注:ムーア騎手が2000ギニーで騎乗したグレンイーグルスはエイダン・オブライエン調教師、1000ギニーで騎乗したレガティッシモはデヴィッド・ワックマン調教師の管理馬である]。
 

1900年以降両ギニー競走を制覇した6人の騎手
  騎手 2000ギニー 1000ギニー
1902 ハーバート・ランドール セプター セプター
1942 ゴードン・リチャーズ ビッグゲーム サンチャリオット
1967 ジョージ・ムーア ロイヤルパレス
(Royal Palace)
フリート
(Fleet)
1970 レスター・ピゴット ニジンスキー ハンブルデューティ
2005 キーレン・ファロン フットステップスインザサンド
(Footstepsinthesand)
ヴァージニアウォーターズ
(Virginia Waters)
2015 ライアン・ムーア グレンイーグルス
(Gleneagles)
レガティッシモ
(Legatissimo)


By John Randall

[Racing Post 2015年5月4日「Rider joins select group」]


上に戻る